okeiのコトバ~新橋okeiオーナーの話~

神奈川大学を卒業し、広告代理店で6年間勤務。飲食店独立を目指し、退社。2年弱の修業を経て、2005年に29歳で新橋でokeiを開業。(現在、Pizzeria Terzo okei,Trattoria okei,Viva okei,おけい屋の4店舗)飲食の事、カズやサザンのこと、人生の事。コトバノチカラを信じて日記に示したいと思います

ボーナスの考え方を伝えた件

胆のう全摘手術をすることになり、それまでにバタバタとしなきゃいけない手続きを急ピッチで進めています。

1週間くらい止まりそうなんで。それ以降も見えなくなるとまずいから。

協力金申請とか雇用調整助成金とか、その他スタッフに伝えておかないといけないことがあるけど、休業していたりすると目を見て話せないから難しい世の中。

その一つが、ボーナスについて。これが僕の誇りでもあるので、okeiの。

このタイミングでLINEにはなったけど、スタッフに気持ちを伝えたので、

その全文をここに示しておこうっと。

これからも自分なりの考えをしっかり持ちつつ、今に適したやり方との相性というかバランスを作っていきたいと思う。

ちょっと文章が分かりづらいとことかあるかもしれないけど・・・。

以下スタッフLINE内容

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

緊急事態宣言の中、頭の中は色々と動いてくれていると思います。
世の中の状況に目を向けながらも、今に甘んじることなく、
新しく動いて間違える方がまだまし!なんて思えたらいいと思う。
間違えたら変えましょう笑
さて、5月というと面談時期です。
まず面談はします。またゆっくりこれからのことを話していきましょう。
緊急事態宣言延長とかもありそうなので日程はまだ決めません。
数か月の中になりますが、自己評価をしてみてくださいね。

そして大きくはボーナス時期です。
売上もなく、良い状況は何もありません。
ただ、基準とするボーナスは支給することにします。
現状で言うと、12月以降に社員となった方以外が支給対象となります。
2人は申し訳ありませんが、6か月経過していないのでありません。
その他の方は通常額面支給している金額を手取りでいつも通り支給いたします。

支給する理由は3つ。
・去年同様に休みは沢山ありますが、緊急事態宣言などに対応するために
事前にわかっていないので、十分に休めていない部分があること。
※月7回という目標は休業などで達成してしまいますが、実際には体は休められていないと判断。

・新しいアイディアや夢や希望。それはこれから不眠不休でも対応してほしいコト。
okeyという会社に全身全霊で時間とキモチとココロを注いでもらいたい。
新しいアイディアを生み出し、事業拡大、維持、再構築への意欲を
再度高めてほしいというお願いのキモチ。
特にネット販売などはその大きなチャレンジの一つになりますね。
今にとらわれず、維持のために壊す!くらいの気持ちで取り組んでください。
新時代というべき今。何が求められているか。それはスキル。
人のスキルが誤魔化しが効かなくなっています。
商品を売れるか売れないか、説明できるかできないか。
その人がいるだけで売れるか売れないか。
やったことがあるかないか。
経験をしてないことを振りかざしても意味がなくなりました。
教える時間があるなら、出来る人にお願いしてしまう世の中です。
例えば、経理を育てる時代から、外部委託になります。
出来るようにならないと就職ができない。出来ても給与が少ないということになります。
1つ話して、10つ考えて行動できる人が強いです。
指示待ちをしていると仕事が回ってきません。そうするとスキルアップできない。
つまらなくなります、そしてそれを人のせいにしたりします。
割とわかりやすい例ですが。
店舗ごとにどうやって売上を上げるのか。僕の指示を待たないでください。
ただお願いしたことは、それ以上にやってください。

・片寄が大切にしているこの「臨時収入」という概念が、人の心を豊かにし、幸せにする。
その幸せがお客様を幸せにしていくと確信しているから。
約束しているのは給与と最低限の休み、そしてやりがい。
世界情勢によりやりがいを見出すのは、個人の能力になってしまっている。
自分がおぜん立てをしてあげられていることと、出来ていないことがあるから。
休みに関しては不本意。休まされてるだけで本当の意味での休暇になっていない。
だからせめて給与くらいはしっかりと支給したいのです。
僕にとってはサラリーマン時代からこのボーナスが心の支えでした。
何か豊かになる、温かいお金だと思っている。
それをこうしてみんなに支給して、親や子ども、妻、夫、彼氏彼女に
優しい気持ちでいてほしい。
みんなきついし、未来が見れない。
その心をこの寸志で癒してあげてほしい。
僕らはホスピタルの組織でありたい。
だからこそ、みんなの一番近くの人を温めて下さい。
その何かになればって思って支給します。

おけい屋ハナレ酒店の話、面接の話。

緊急事態宣言出て、少し時間が経ちましたね。

ま、世の中ではいろいろ話が飛び交っていますが、okeiというお店は、ほぼ休業。

おけい屋ハナレ酒店という名の、ワインショップ・酒屋を4月29日にオープンし、バタバタとして今日は少し落ち着いています。

wineshopokei.thebase.in

いい話です、これは。沢山のワインをご注文いただき、パンクしていました。

対面式がダメなら、非対面式だ!みたいにうまく切り替えられてるわけではないです。

ただ、自分たちが以前からやりたかったことがやり始めることができた!そんな豊かな気持ちには今なっています。新しいお店をオープンしたというよりは、新しい事業を本当に始めたんだなーというのが印象。

梱包配送という作業の大変さ。ワインの1本1本の説明を書きたいがために、ものすごい時間がかかる出荷。効率的じゃないけど、いくらでもワインは世の中にあふれている今、僕らのワインがいい!って話してもらいたい。

僕ららしい取り組みはやはり字であり、思いだから。

それをわかってくれる仲間がいるから僕以上に魂が宿る。嬉しい。

まだよくわからずとにかく前向きにやっていますが、もっともっといい感じにします!

ワインへの探求と思いを胸に。

そんな中で3名の方と面接をしました。

実は公募はしていないのですが、色々とお話を頂いましてお会いすることになりました。皆さん、とてもいい方ばかりで前向きに話は進んでいます。

ただ、僕は1度の面接で入社をさせることはほぼないです。

最低2度、3度の人も多いです。それは僕なりに考えがあるからでして。

面接というものを僕がする、という概念がそもそもない。

僕と応募者が50/50の立場。僕も面接をしてもらっているということです。

なので、まずは来てもらっている僕がずっと話します。

面接というよりはオケイを知ってもらう1回目です。もちろん、その受け答えや態度、色んなことは僕なりに見ています。それでだめならお断りします。

情報を持ち帰ってもらい、okeiでやはり働きたかったら連絡をもらいます。

そこで、改めて志望動機を聞きます。僕と話して変わったこともあるだろうし。

そして何がしたいか、どんなことが今不満で離職しようとしているのか。

僕が応募者の想いに応えられそうならいいですが、難しい場合は伝えます。

そして入社してから希望がかなわないこともあるじゃないですか?だから、それも言います。何をやりたいかよりも、誰とやりたいか。okeiであり片寄という人と一緒に歩みたいかを聞きます。

そこで決定になります。

重いようですが、重要なことなんです。

パンパン進まないことをいら立つなら、いりませんし、思いが弱ければ連絡が来ません。正直スキルはあまりそうでもなくてもいいです。

いい人がいい。努力する人がいいです。

新しいコトが沢山起こっていく時代。

それに振り回されるか、その中心にいるか。

どちらを選ぶかは自分自身。

人がいないと嘆くのではなく、人といかに向き合うかどうかを考える。

僕も毎日失敗しています。それで辞めてしまった人もいます。

後悔もあればどうしようもなかったこともあります。

それらすべてをかけて、面接をしたり思いを伝え忘れないようにしています。

 

再構築補助金 クラフトビール工事

再構築補助金申請についてです。
1次募集に間に合うべく、ガーってやってます!4月末が第一次受付期限。
この1ヶ月はこれに費やしてきた時間が多かった。
新橋で16年目。4つの店がそこにある。
ドミナント式新世代なんて言われた時代もあったっけか。
坪5から6万円でもなかなか入れなかった新橋は今や誰でもすぐ飲み屋ができる場所になった。一方で個人で踏ん張る店は根強く、夫婦や1人で工夫して乗り切る力がある方ばかり。刺激がある街。
自分は新橋で生きていきたいが、そこだけでは仲間を守れない。
だから、業種分散、エリア分散を図るように少しずつ動いたり失敗したりを繰り返した1年。
月島にオープンした961、これからやる豪徳寺もエリア分散過程。
新橋の灯火は消さないけど、全部残る保証はない。新しい拠点になれば良い。
障害者の支援会社を設立し、動いているのも事業分散。
そして、もう一つがビール醸造所設立。これが日暮里で計画。契約も済まし、進んでいるが、これに5000万以上を投資。もちろんそんな金なく、借金。ただこの再構築補助金が通ればかなり助かる。手数料10%払い、成果報酬で補助金獲得パートナーと奮闘中。
5人くらいの各スペシャリストがぼくの事業計画ならイケる!と申請を共にしてくれている。
いきなり出来たチームではあるが、目標に向けてプレゼン資料作りに徹夜を要してくれている。抜けがないか、もっと良くならないか。
これはまるで広告代理店の頃のプレゼン前夜が続く毎日のようだ。でも感覚として違うのが自分の事業、金、人、時間であること。
今の時間を忘れないだろうなー。
まだまだ自分は若いようだ。
アドレナリンは出るし、やる気しかない。新しいことをチャレンジさせてくれたコロナ時代に感謝。断捨離できる強い気持ちにしてくれて感謝。
とりあえず申請まで突き抜けよー

楽しいGW期間にワインショップオープン

緊急事態宣言、です。

多くのお店やその他全国民が右往左往しておりますね・・・そりゃそうだ。

ただ、毎回思いますが、今できることをやるしかないのですよね。

僕としてはとにかく、雇用を守ること、最低限、社会から求められていることをしていくこととか。そんなこと考えつつ、英断をしていく作業です。

まず、新橋という場所はそもそもGWに人がいるという状況ではありません。

16年間で数回営業をしていますが、そこまで人はいない中での緊急事態宣言。

お酒を出せない状況では、食事のロスも半端なく、もがくということよりは無謀というものにたどり着きそうだと判断しまして、営業を辞めることにしました。

やりたいっすけどね。スタッフにも申し訳ないが、雇用調整助成金もしっかり使うということが大切なので。

月島に関しては可能性はありますが、まだ食事としての魅力を大きく出せる状態ではないため、その準備期間にも充てさせてもらおうかと。

そして何よりも酒屋免許取得が間に合いましたので、何とかこのGWに多くのワインを提供して、少しでも売り上げにしたいというのが本音です。

ということで、おけい屋の一部でGWはワインショップをやってます。

1本でもケースでも配送でも何でもやります!もちろんまだ準備段階ですが、やっていくしかありません。

って考えていたら楽しくてしょうがない!

ネットでももちろん販売してますが、まだ完成しておりません。メッセンジャーでもLINEでもいいので連絡下さい!

まー、飲食の方々の投稿とか見ていると、休業する選択もカッコ悪いのかなーとかいろいろ考えちゃいます。でもやっぱり自分なりの決断を優先するしかないのよね。

場所も違えば、スタッフも違う。規模も色々。

出来るだけ周りを見すぎず、今できることをやって、まずは自分が楽しく生きようと思う。その気持ちや生き様を見せていくしかないし。

ココで頑張れば、ワインショップの光も見えるだろうし。

いい話ばっかりさ!悪い事なんて何にもない!

さー楽しいGWワインショップで遊びましょう~

 

卒業

今日、6年以上勤めてくれた小倉君が独立準備のためにOKEIを卒業する。

今週は、色んなお客様が彼を求めて来店してくれている。

本当にありがたいし、愛情深いお客様に恵まれて幸せだと思う。

その全てが彼がひたむきな姿勢というか、ピッツァに対してのココロが伝わってきたんだと思う。

多くの方から、okei卒業おめでとうございますとか、卒業だねって言われる。

退社ではない、その愛情ある言葉が好きだ。

僕は常々、学校のような会社がしたいっていう。

部活動みたいな人間関係が好きで。神奈川大学っていうだけで荒廃や先輩になったりする。

高校の時の合宿に、かぶっていない先輩がスイカをくれる感じ。

オケイでも卒業生のお店には皆行くし、彼らも温かく迎えてくれる。

先輩後輩がそこにある。

その気持ちや雰囲気がお客様にも伝わり、「卒業」って言ってくれる。

16年目になり、14名の独立者となる。

長野で独立する森山を入れれば、15名になっていく。

20周年までに20名の独立も夢じゃない。

「夢を叶えるのは簡単。夢をかなえさせるのが難しい」

そんな言葉を聞いてから、より独立支援を考えてきた。

支援といってもシステム化していない。

心からの応援。そこに人や時間、労力やお金。いろんなところでサポートをして、

互いの夢をかなえていくのが自分。

そこには営利目的な要素は一切なく、ただただ応援。

そしてそこの底には、僕がそうやって応援されてきたことが由来。

何もない自分に対して、数人の先輩がお金を900万円も貸してくれたこと。

何もできない自分のために足しげくお店に通ってくれた仲間。

そしてそのお店を見つけてくれたお客様。

多くの方の応援で自分があり、その応援に誠意を尽くすには

僕が仲間であるスタッフ、そしてスタッフに関わる方々を応援することでしかできない。

今、このコロナの中で助け合う場面も減る中、okeiの卒業生の絆は変わらない。

何度も書きますが。退社とかたい職とかではない。

この卒業という言葉の意味を深く強く心に刻みたい。

改めて、小倉君、卒業おめでとう。

そしてありがとね。

これからも友人としてともに一生歩みましょう。

クラフトビール醸造工場を作ったり・・・

先日、FBなどで今、取り掛かっている事業などについてちょこっと書いてみた。

多くの方からご連絡を頂き、感謝している。同時にどうでもいい投稿もしてるんですが、やはり意味がある発信というのは皆さんにしっかり届くんだなーって再認識した次第です。

さて、大枠として、かなりチャレンジが大きい事業が盛りだくさんです。やったことないことばかり。ただ、その部分に関してはあまり不安がありません。だれしも最初は子供だし、未経験者。そこからの努力や継続が全てだと確信しているので。

そういう意味で自分の経歴である脱サラっていう雑草的な歩みが今の力になっていると思うし、同時に10店舗いじょいうの独立が16年目にしてあるということが、とても肥やしになっている。結局独立を促すということは、当面は不利益しかないことが多い事実とそれを続けていくことでゆっくりと力になる、鎧みたいなものになっていることが分かってきているから。

せっかくわかりあえて独立していくということは、リスクでしかない。ただそこに気持ちがあって。その気持ちは薄くて壊れにくい。その気持ちを積み重ねていくことで16年で多少厚みが出てきたミルフィーユ。その積み重ねにより、多くの夢を叶えている人に囲まれていることになり、そこにかけがえのない絆がある。

これは言葉では言い尽くせないことだ。体感しようとしたり、受け入れようとしたり、時間として体感したりするものにしかわからない出来事だから。

一緒に泣き笑い、それを真正面で受け止めてこないとわからない積み重ねという事実。

決してスタッフだけではない。お客様という名の同志がいる。名前はここに書かないけど、書かなくても同氏はわかっているはずです。

見返りを求めず、それぞれがそれぞれを支えられ、支えている。

言葉は必要以上にいらない。「いらない」わけではない。必要な言葉はある。

ありがとう、ごめんなさい。です。

僕も言えてない人もいるし、自分に嫌悪感がある方もいる。申し訳ないと思う。

だからこそ、今までの反省をもとに毎日いい人間になりたいと思っている。

前段が無茶苦茶長くなっちゃった。

➀ 豪徳寺 エリア分散

実は一度ダメになった。古民家というか、古い建物で、結局契約ができなそうになった。ただ、ビルオーナーからどうしても片寄にやってほしいという強烈オファーがあり、条件を見直してくれた。それなら!と決断したのがつい数日前。

ただ、まだ解体作業もできていないので、これからというところ。少し今まで考えていたプランとも変えなきゃいけなく、業種とイメージを調整している所。

1棟(2階と屋根裏あり)だが、まずは1階だけのオープンとなる。初めて会談なども作っていくので、金銭的に抑えてオープンしたいので1階から。

13年目かな?石丸俊介が担当する店になる。石丸は家から近いという利点もできた。

徒歩1分で10坪ちょっと。決して大きくないが、立地は最高だ。

新橋以外を見ていると360度の可能性があり、迷いがいろいろあったが、全く違う場所へ行くことが目的なので月島と同様人が住んでいるエリアへの進出となる。

オケイという名前を使うかどうかですが、たぶん使わないかなー。今までにとらわれず、やっていく可能性が高いので。

エリア分散を考えての出店。okeiは新橋だけでいいかなという気持ちです。

➁ 日暮里 事業分散

こちらはクラフトビール醸造所を作ります。工場+ビールパブ。

本当はワインを作りたいなーって思ったんですが、今からそれを始めると10年近くまともな売上はないかなと。

そして飲む機会が多く、ワインよりも市場が8倍以上大きいとされるビール市場へ着手したいキモチ。事業分散として工場を持ち、いずれ小売り瓶販売までいける設備を作っていくつもりです。もちろん、我々は素人なので修業が必要。

開業11月から12月を目指し、それまでは醸造設備などを整え、免許申請も整えながらも、修行へ行きます。宇都宮への修業が1か月ほどあります。通いと泊と考えつつ。

実店舗で10種類以上のビールを作り、その場で飲めるパブ。

そのビールを生ダルとして飲食店に卸していき、瓶ビールも生産し、小売りしていく。

工場ということで家賃を安いところを探していく最中で見つけた日暮里徒歩7分程。

公園も近く、いい感じで気に入りました。

ただ、最初はNGと言われましたが、長く交渉を続け、OKをもらえ、家賃も抑えられました。何事もキモチっすね。

③ 障害者日中支援B型施設

まだこちらは物件が決まっていないので進んでない。。。

他が進んじゃいましたね。

ただ、結局ビール業界への着手も、この③にもつながる予定です。

工場での仕事があるので、障害者さんのお仕事を提供できる場所を少しずつこうして

作っている所なので。

今世界的にもそのあたりのフォローが課題。特に日本では両親がサポートしている障害者さんたちが、残されても生きていける社会にするために、どうしても必要な社会性。

そこを応援したいし、彼らとともに成長していきたいと思っている。

そして、企業として、ボランティア活動と共にこうした社会貢献していくことと自分たちの事業を組み合わせていくことが不可欠だと思っているから。

④酒屋ワインショップ

これは現在申請中。今の延長線ということで、色々とやれるようになるから楽しみだ。中心はクロイミドリ。

出来たら分社化して社長にしちゃいたいくらい。

カノジョのホスピタリティを生かした事業をできて、女性の働き方を飲食業ではっきりと示していく一人者となってもらいたいとこの5年くらい彼女と考えているし行動している。その一つがこれだ。

愛情しかない彼女のサービスと知識をここで発揮し、女性スタッフの先頭に立って生きていってほしいなーって思ってます。

 

と、まあ、色々ありますが、やるしかないなーって感じです。

正直、すごい店舗数になるじゃんみたいな感じなんですが、実は新橋という町の将来は未知数です。新橋に4つのお店があり、現在1/3の売上。4つの継続は不可能かもしれません。そこはもうどうしてもわからないところです。

であれば、こうして事業を展開していく必要があると思っている。

お金は無限ではありません。

もう、内部留保は無くなりましたので、すべて借金。

さて、どうなるか。楽しみな人生。

救いは、嫁のコトバかな

「大丈夫じゃない?」

 

国と都などからの給付金への感謝

いよいよ緊急事態宣言が明けますね。再始動します。

まず、飲食業に関わる身として、昨年から今年。全く予想を超えすぎている状況の中、政府や都からのサポートのおかげで給与だけは何とか満額支払うことができていています。これは本当に感謝しかなく、まさか事業を始めて、国や都にお金を頂けるなんて全く考えもしていなかったので、幸せに感じています。

事業というものがなくなる怖さはありますが、何よりも雇用を守ることというか、スタッフの生活を出来る限り揺るがさないということが目標でした。

当然内部留保金として存在していた3千万ほどは消えてなくなりました。要するに余裕あるお金は無くなりました。が、給付金などでスタッフを守ることはできた。

それが僕のコロナ時代、初年度の成果であり、成功です。

正直、今後の事業というか、スタッフの将来を抱えていけるのかの不安はあります。

ただ、この1年でスタッフと対話してきた限り、怪我の功名というかスタッフの経営者意識はみるみる向上しています。これは生きていく不安からの意識向上。

僕が与えたものではありません。ジャングルにいれば、おのずと野性的な生き方になったりイタリアにいればイタリア語を話せるようになる、そんな感じです。

そういう意味で、これからは雇用していくという意識ではなく、一緒に事業を作っていくパートナーとしてスタッフを見ていきたいと思っています。

お金はなくなったけど、こうした意味ではコロナでしか得られない成長もあり、考えることが全く変化した1年だった。その中での雇用を守れた!ということは本当に嬉しい事実です。

hottokenine事業にて、困窮家庭への弁当配達を1か月続けてみたり、子ども食堂とコラボして、お肉や野菜・ピッツァ・御餅などを配達したり。

お金を寄付するだけじゃなく、お弁当を仕込んで作って、八百屋さんと相談して野菜を仕入れて、自転車や歩いて配達まで行う。

全てのボランティア活動を体験してみて、自分や家族、仲間など色んなことを考える機会になりました。これはスタッフと話しても同様です。どうしても今の自分たちしか見えないところ、この事業に参加したことで、客観的に自分を見ることができた。

同時に、見えないところで、知らない人々を救おうと、無償すぎる愛情で人生を送っている人たちがたくさんいるってこと。

その現実に胸を打たれる。

だから1日だけじゃなくて、1か月間毎日弁当を配達したり、継続的な支援を決めている。それこそ、ただの寄付じゃなく、僕らができることじゃないかって。

話をオケイに戻そう。

実はオケイでも人は辞めています。このコロナの中でそういう意味での移り変わりはあるんです。また、出店もしました、月島で酒場961というお店を黒井がやってくれています。新橋という場所だけでやってきた自分たちは、ほかのエリアへの分散が必要だと判断しています。

そういう意味でひとが変わり、店が変わっていく状況です。

だから、今までの常連さんが行きたくなるお店が変わってしまうかもしれません。

具体的に言えば、おけい屋には松山も僕も黒井もいない。テルツォオケイには今はいるけど小倉もいなくなる。

でも、16年目になるオケイでは、13名が独立したり、それに関わっている人と言えばもっといる。要するに1年に1人は出店をしていることになる。

だから、人が変わっていくお店で会ったことは変わらないし、このコロナという状況であれば、チャレンジも生まれる。当然ほかのエリアも考えるということ。

新しいスタッフは不安ではあるだろうが、こう話した。

「仮にお客様が減ったとしよう。常連さんが来なくなって。それでも最初はみんなそうなんだから、逆に新しお客様を得ることができたら、今度ももっと楽しいお店になるはず」

自分たちでつかんだお客様!って思えるのが一番幸せだろうし、そもそもこの時代に過去に頼ることができないとすれば、行くしかない!

そういう意味で移り変わりをネガティブに考えず、今目の前にいるお客様を幸せにしてくれることだけを考えていきたい。

そのたいろいろと事業を動かそうとしているのだが、また具体的な場所などが決まればお伝えしていきます。

今、動いているのは以下。

クラフトビール醸造所の開設」

「障害者施設開所へ」

「新橋以外への出店」

「酒屋ワインショップ開業」

などでーす。

では、明日以降、お店で会いましょう。

あ、今店にいるよーとか、行くよーとか連絡下さい、

顔出したいので!