okeiのコトバ~新橋okeiオーナーの話~

神奈川大学を卒業し、広告代理店で6年間勤務。飲食店独立を目指し、退社。2年弱の修業を経て、2005年に29歳で新橋でokeiを開業。(現在、Pizzeria Terzo okei,Trattoria okei,Viva okei,おけい屋の4店舗)飲食の事、カズやサザンのこと、人生の事。コトバノチカラを信じて日記に示したいと思います

IRON HOUSE ノリの2号店 ペペロンチーノの衝撃

OKEIから独立したお店は12店舗。その中でノリが初めて2号店を出した。

目黒の権之助坂に面した、ビストロシンというスーパーすごかったお店の跡地。

トランクというお店を出したのが6年くらい前か。見た目に寄らず、慎重派である彼がIRON HOUSEというまたカッコイーお店を出したのでしたーーー。

18時オープンというから18時過ぎに行ったらパンパン、その後も全く途切れず・・・。

いつもはカジュアルな店でも今日だけはお祝い!という感じで、7万以上するワインもパンパン出ていたなー。

その話はあまりどうでもいいのです。

書きたいことが沢山あるから笑

今そのお店でシェフをやっているのが鈴木ノイ。

これまたオケイで料理人をやっていた。25歳から数年。まーやんちゃ時期なので、僕とも衝突したり、逃げたり笑みんなで追いかけたりして。

トランクに入社してからもそんなこともあったらしいが、とても男前の顔になっていた。今ではトランクと新店を束ねるシェフとなり、各店舗に料理人を置いて、部下を育てる立場にもなったみたい。

彼にパスタをオーダーした。何でもいいから作ってって。

そして出てきたのが、まさかのペペロンチーノ。

マスクをしていたからバレてなかったんだけど、泣いちゃった。

石丸の下にいたときによくペペロンチーノを作らされてはいろいろ言われていたっけ。

色々あったからこそ、可愛くってね。弟みたい。

そんな彼がここぞっていう時に出したのがこれだったからさ。

ノリがノイに(ややこしい)店を任せている風景も美しかった。

全く違うがブルーハーツヒロトマーシーとは言わないけど、なんか熱々な感じ。

何のためにお店をやるのか。なんでやるのか。

とても楽しそうに働く人たちを見て、僕も色んなことを見直したくなった。

今が悪いとは思っていないから、もっと楽しくするにはどうしたらいいかなーとか。

もっとやっていこうと思ったなー

ノリが25歳、僕が28歳で出会った。

最初は僕が飲食を経験がなかったから、彼に教えてもらったこともある。

沢山話して、話してね、五日お店を一緒にやろうかーなんて話をした。

長野でピッツァ修行に行った僕の後に、自分もやってみたい!と僕と入れ替わりで入ったノリ。毎日とは言わないが、かなりやられていて、沢山泣き言電話がかかってきた。

その後、カフェのイリ―で働いてマネージャーをやっていた。

そしてオケイ7年目にPIZZERIA TERZO OKEIのオープンが決まったころ。

ノリに電話したんだよねー、一緒にやろーって言っていたこと覚えてるって。

そしたら、年収が200万くらい下がるのに来てくれた。

そこでノイ(ややこしい)と一緒に働いたりしていたなー。

いいお店には理由がある、いいお店も悪くなっちゃう場合もあるだろう。

僕もそうやって色々失敗してきた。

ノリはSNSとかを駆使しない。今はスタッフがインスタとかをやっているみたいだが、基本はあまりやらない。それでも目黒であれだけのお店を出せるんだなーって思うと、参考になることもある。みんな笑顔で楽しそうで。

ノリらしいカッコイイお店の雰囲気があるし。お店をやるってやっぱり楽しい。

あんなに美味しいペペロンチーノは初めてだった。

あんまり大したこと書いてないけど、8周年

9月10日はpizzeria terzo okeiの8周年。

本日だけでなく、明日までかな。今週来てくれた方や今日少しでも顔を見に来てくれた方。そして明日来てくれたり、来れなくてうずうずしている方、本当にありがとうございます。

このお店は僕の夢の一つ。ガス窯のピッツェリアだったのが、このお店から薪窯になり、パチパチと薪の音のする心地よい店。

半分の売上とは言え、こうして皆さんが来てくれる場所であり、気軽に顔を見に来てくれる場所になれたということはとっても嬉しい。

今の写真の皆さんは、みんなこの店で働いたことがある人達。

この店がおけいのスタッフを育てていくという図式も生まれている。

飲食の本質って何だろうかーとか、今すべきことって何だろうかーとか。

本当に色々考えさせられるこのコロナタイム。

僕も例外ではなく、しっかり悩んでいます笑

でも不思議とそこにはネガティブなことばかりではなくって、ニヤニヤしちゃうこともあります。失っていくと得られることも多くなるというか。

今までパンパンだったのがどんどんスカスカになっていく感じは不安もありますが、

そこにすっごい可能性があったりします。

当たり前がなくなっていく感じがいい感じってことかな。

1年後、いや来年早々に自分がどんな立場になっているのか、わからない、

もちろん、いい感じになっていくように考えていくんだけど。

足を止めたり、動いたり。ゆっくりするときもあるかもしれない。

自分の決断に責任をもって生きていく。

このお店の8周年で、今の自分ができることをコツコツやることも改めて考えさせられた。新しいことだけじゃないなーって。

難しいけど。

中途半端なブログだけどまた書きまーす

進化するおけい屋1周年

居酒屋おけい屋がオープンして本日で丸1年。

沢山のお客様に応援されて1年が過ぎました、最後の3か月はコロナの影響で稼働が全くできていないのでなんか変な感じですが・・・。

とはいえ、1年間あの場所で居酒屋を構えたということには変わりません。

僕は6月14日から去年末まで担当させてもらいました。

今思えば、びっくりするような出会いがスタートでした。

トラットリアオケイというお店が去年末でビル解体のため閉店。

それに至るまで多くの物件を見て、移転先を考えていたのが2019年中。

トラットリアオケイは25坪の店だったので同じ大きさ位の物件を探していました。ただ、いまいちいい物件に巡り合わず、というかほぼ新橋には存在しなかったです。

そこで不動産屋さんが出してきてくれたのがおけい屋でした。

ただ、4.5坪という望む大きさの1/5以下というもので見る前に「小さすぎる」と断りました笑

その1か月後、まだ決まってなかった自分に、もう一度同じ不動産屋さんが「とにかく見てみない?」と言ってくれました。

なんかその時はその言い方や感じが嬉しくて、何となく見る気になったんです。

そして見に行きました。

「即決します」

そういいました。

あの空間、ビル、そして酒場というイメージがすごいビンビン・・・。

楽しそう!そういう直感でした。

ただ、居酒屋をやる!そう心に決めたものの、僕はイタリアンかフレンチ洋食畑。

僕の店には洋食経験者と洋食をやりたい人しかいない。

居酒屋をやりたいのはいいが、外部から取るか、自分だけでやるか、どうしようか。

ちょっとだけ悩みました、でもまずはスタッフに相談してみようと思いました。

当時、やれるというか、躍動してくれそうな人にまず相談と。

 

松山陽介。

がいました。

彼は新しいことややったことないことに対しての前向きさがありましたし、能力もいける。そんな気がしました。

座って話をしました。即答は実はもらえませんでした。

 

1日経ち、朝一松山から「やります」。

ここからスタートです。

 

まずは何をするか。ただの居酒屋なのか、ワインをやるのかどうか。

色んなことを考えたし、色んな居酒屋に行きました。高級な和食にも行きました。

流行りの居酒屋や有名どころも。

松山がイタリアンシェフということで、松山が作る居酒屋はそれだけで何か違う味、アイディアになるのはわかっていたから、とにかく松山にいろんな味やアイディアを持ってもらいたい。だからいろんなところに行き、やみくもに本をたくさん買ってきて渡しました。とにかく見てくれと。

僕は大きくお店のコンセプトを考えていく立場であり、お店のキーワードが欲しかったんです。

その中でふと「日本ワイン」が出てきました。今のオケイになり要素を入れたかったのがあります。

それとどこか居酒屋には日本ワインがぴったりだと確信しました。

重いワインでもないし、カジュアルに飲んでもらいたいからグラスを多くしたかった。

ただ、問題は日本ワインは高い。それが問題です。でもそれを広めたい。

ボトルの価格を安くして販売する代わりに、サワーやハイボールも積極的に飲んでもらう形をとりました。

これ、当たり前のようで新しいのです。専門店はワインしかない。日本ワインフリークが集まるお店はそういうお店でした。

それをカジュアルダウンしたのがおけい屋。

そこがポイントでした。

日本のワイナリーにも行くし、酒屋も変えたり、今までになりやり方にトライ。

全ていい感じで今も来ています。

何事も新しいことをチャレンジするのは勇気がいりますが、しっかり仕組みとして取れれば、別のスタッフでもやれるお店になると確信していました。

今は黒井雄也があの場所でトライ&エラーを繰り返し、新しいおけい屋を構築しています。

僕はあのお店が大好きです。あのビルが大好きです。

それも何もかも松山が「やります」と言ってくれたからです。

あの言葉がなければ今の形ではないわけだから。

同時にあの場所がなければ、今のオケイはなかったのです。

トラットリアオケイがなくなり、あの場所が認知されお客様が来てくれたから

キープできている奇跡の店です。

同時に新しいチャレンジに対して前向きになれました。

ロスタートが14年目に切れたことで勇気が出ました。

その勇気が今、コロナでチャレンジしていることに生きています。

当たり前がなくなった今。

どのチャレンジも否定されるところはありません。

それがいいか悪いか、意味があるかないかは、僕らの手の中にある。

自分たちで正しくする力が必要なんです。

おけい屋はokeiの象徴。

チャレンジと勇気の象徴。

その1周年をお祝いしてくれた仲間たちがたくさんいました。

今日が日曜日だから昨日とその前に。

昨日、松山と黒井から頂いたものの写真や来てくれた方々の写真が送られてきました。

でも行きませんでした。

今いる2人が全てを感じるべきなので。僕が感じるものではないと思ったから。

2人が感じた幸せが全て。

いなかったけど、わかるよ。

本当にうれしいよね 1周年。

お祝いに来てくれた皆様。

お祝いくれた皆さま。

これを見るまで忘れてたけど来てくれた皆様

本当にありがとうございます。

あの店は、まだまだ進化します!

よろしくお願いします

viva!okei #応援させて プロジェクトへの感謝

 びっくりした。このプロジェクトの話をお聞きしたのは1か月ほど前だと思う。広告代理店時代に大変お世話になっていた姜さんからだった。片寄君、こんなプロジェクトを立ち上げたいんだって。メッセンジャーだった。

そもそも雲の上というか、スーパースターみたいな方からの打診でしたので本当にびっくりで。最初はもたつきました。僕なんかじゃなーって。でも姜さんから言葉で少しずつ勇気が湧いてきて。何か起こるかもしれないとか、自分の意識を変えてくれた発起でした。こうして形にもしてくれて、色々と手続きとか実は大変そうでした。

本当にありがとうございます。

そしてこのプロジェクトに関して多くの方が参加してくれました。本当にありがとうございます。ここに御礼のご連絡をさせて頂いていきます。

人の心が動いていくのがこうして音を立ててわかる感じ。僕の中ではメキメキメキって音がしています。そしてスタッフたちも目を丸くしています。なんなんだろう、これはと。。。

僕たちは何なんでしょうか。

わかりませんが、立ち上がっていくことができる心を頂きました。

立ち止まれない。そういう覚悟はできました。

今日、17名の方がこのプルジェクトに支援を頂きました。でも、その前にもオケイのページで食事券を販売しておりまして、多くの方が購入していただきました。ありがとうございます。形は違いますが、ご支援の気持ちは全く一緒と感じています。

そういう意味でこのコロナで改めて沢山のお客様や関係者の方々に愛情を頂ける機会がありまして、初心というか、0歳というか。

そこに立ち戻れる感じがあります。

夢や希望だけじゃコロナ後は乗り切れない。そんな社会が待っている、そうどこかに書いてありました。だけじゃ無理かもしれないけど、それがなければやっていけない。そういえると思います。

オケイというお店は変わるでしょう。

スタッフもいい意味で主張がはっきりしてきました。自分を前に出せるようになってきた人も多くいます。出すには勇気がいる、でもオケイという会社のスタイルを自分たちで作り上げるんだという気持ちが出てくる。そんな気がします。

応援させて。

いい言葉ですよね。本当に。応援させてほしいって言われて断る人います:?いないかもね。いるかな、いるか。でもいい気持ちですよね。

今まで自分だけが味わてきたようなお客様からの愛情を、今回こうしてVivaの2名に注がれたこと。それが象徴的なことであり、4つのお店それぞれに個性が出てきている。新橋は死んだ。そんな声が聞こえました、確かに死んでいる。

ただ、まだ炎は消えていない。僕の15年の炎とスタッフたちから舞い上がる小さいけど確実な火種がある。

 

そんな気持ちになった日。

 

協同広告株式会社育ちであること。

久々にこのブログを書く。書くまでもなく、生涯でもかなりぐっとくる日々ですね。

これからどうなるかはわかりませんが、このコロナの自粛期間。たくさんの方に心配してもらいました。

ちょうど今日も、大好きな常連さん数〇夫妻から広告のピーライトの本を頂きました。ただただ、SNSでのアップされていたことへ反応しちゃった自分だったのですが。

すごい嬉しかったですよ、実際。なんにしても自分のことを気を使ってくれる人がいるってことだけで。他愛もない話を少しお客様とできることもそうですし。

ふと気づくとそうやって昔からの仲間と言ってしまうと申し訳ない先輩も多いですが、そういうずっと支えてくれている方々がやはり今も支えてくれる。

お客様の中でも「タイト」な関係の方々が思ってもみないような手を差し伸べてくれる。

僕は協同広告という会社にいました。サラリーマンとしてはそこだけなので自分は協同出身ってよく言いますし、協同生まれとも思っています。

今はもうない会社ですが、このコロナというものがまたまた15年以上前に退社した会社の先輩が毎日毎日来てくれたり、連絡くれたり、通販を頼んでくれたり。

お手紙もくるし、電話も来る。なんなんだろう、あの会社はって。

そう思ってしまうくらい支えてくれる。

資金としても僕は協同広告の先輩や家族、同級生に借りた。

資金だけではなく、こうした苦しい時でも支えてくれるのが協同広告の人や昔からの常連さんや仲間。その空気間を作ってくれるのが仲間の人たちなんだと思う。

7年目で辞めた自分に対して15年後もサポートしようとする人がいる会社って何でつぶれたんだろうって思っちゃう。

しかもそれが一人じゃなくて、数えきれないくらい。

何だったらこれを機にまた連絡を取り合えるようになった人がいるくらい。

奥様に初めて会ったり、ワンちゃんを連れてきてくれたり。

コロナがあったから初めてできたこともあった。

それが飲食の前に働いていた会社の人たちがいること。

多分そういう気持ちが、このお店の空気を作ってくれて。

数〇さんや宮〇さん、モッ〇ー、石〇さん、〇松さんたちの〇テレさん、吉〇さん、ひ〇みさん、とか、み〇さん、わー言いきれなくてすいません。

ただ言いたいのは絆みたいなものとか、口々に言ってくれるのが

片寄さんにはお世話になってるから

 

なにをしたんだー!っていうくらいただの店員なんですけど・・・。

でも何か響いたことがあるならうれしいです。

 

でもそんなことが伝わっているのも協同の先輩たちの無償の愛情のおかげです。

それを受けた自分が何かできたんだと思います。

コロナがあって、もし自分が笑っていられるなら本当にありがたいです。

その根底に大先輩の協同広告の先輩方の血があるんだろうなーって思っています。

 

反省

ここに何を書くべきか、残すのも嫌だなーとか考えてました。文字をね。

でもやはり文字を書くことで色々と伝わったり、自分を整理できたりするのが僕の性格なのでここに記し始めようかなと。

楽しいことしたいですね、本当に。

正直に言いますが、今まで他人事でした、色んなことが。もちろん、震災やイタリア地震など、合わせれば数百万円の義援金寄付に協力してきたけど。

それはそれでしかなく、こうして自分の全てをいきなりひっくり返されることっていう現実を目の当たりにしています。

これは僕だけじゃなく多くの事業主の方々がそう思うんじゃないかなと思います。

だから今まで自分がノホホンってしていたんだなーって反省しています。

当事者の方にしてみれば、何もわかってない奴だったなーって。

わかっているふりしてね。・・・情けない。で、支援とか寄付とかして、偉そうに言ってたのかなーとか。ダサいで、ハイ。

だから、助成金とか色んなことを期待してしまうけど、それも全部受け入れていかないといけないと考えてます。自分が受けれる最大限の支援はもらいたいけど、あとは自分の範囲で決断をしていくしかないですからね。

昨日、新橋で一番力のあるといってもおかしくない不動産屋さんとお話をしていました。オケイのことも気にかけてくれていました。本当にありがたい。

その中の言葉で帰りにポロリぐっと来た言葉がありました。

今不動産屋さんは多くの家賃交渉に追われています。全くお金にならないことを1日中やっているといっても過言じゃない。もちろんそれが管理ってことなんだろうけど。

そんな中で・・・

 

お店大変ですね。しかも片寄さんは高い家賃の新橋に4つもあって、今そこが全く人がいないからキツイヨネ。でも、もしお店をたたんでも僕らが必ずまた良い場所を見つけるから。まずは生き残って。

 

やばかった。やばかった。温かくて優しくて。

今だからこそ、伝わるというか分かり合えることもあるかもしれないなーと。

いつも誰かの言葉に支えられる。

 

苦しい時こそ、言葉だ。

 

 

お金を借りるかどうか

昨日、無利子でもお金を借りるか今は、冷静に踏みとどまっていることを明言したのですが、4人くらいから電話がかかってきた。

無利子なら借りといたほうがいいんじゃないか、なぜ借りないのか教えてくださいと、

全てがコロナで困っている飲食の仲間からだ。

わざわざ電話してくるのは大変だろうから、ここにも書いとこうかなと思います。

これは僕の考えなのでそのまま引用できる人とそうでない人がいます。

当然、内部留保という考え方でお金があったほうが絶対いいのは大前提。

困ったときにはお金がないと、継続ができないので。

継続できるようにして、その間に問題や課題を解決したり、整えるのに絶対不可欠だから。

だから今回の場合も借りるのがセオリーだし、できるだけ借りといて損はないわけです。

ただ、これは借りるということで返すものだということを忘れないでほしい。

美味しくなくて、サービスも悪い状況で売り上げが悪いとします。

そしたら潰れそうなお店や会社を立て直すために投資をする。

そのためにお金を借りてチャレンジするのはガンガンやるべきだと思う。

ただ、今回の場合、どんなにおいしくてもサービスが良くても、エリアによって大きな差がありますが、大打撃がある。

新橋、銀座、六本木などは大きく損失を知る可能性がある場所。

家賃が高いところが苦しく、住宅街が割といいらしいです。

もちろん、どんな状況でもお客様が押し寄せる、最強のお店もあり、

自分もそうなるように精進したい、、、本当にすごいと思います。

 

ま、そんな中で僕としてお金が欲しい。

ただ、今借りることを≪とりあえず≫推し進めるにはいろいろと考えたいなと思っています。

無利子だけど借金。そこが肝です。

僕はイシマルというレストランをやっていました。

1600万円の開業資金としてミニマムに必要でした。

ただ、銀行からの融資を受けやすい環境で、何かあったときに

お金をプールしておく必要があるという助言もあり、1000万円の運転資金の借り入れをして合計2600万円を借り入れしました。

業績が思わしくなく、撤退を考え出したり、いやいやまだまだとランチを始めたり、いろんな気持ちで気持ちとお金と時間を注ぎ切りましたが、最終的には撤退を余儀なくされました。

1000万円があったことで、いろんなチャレンジができましたが、どうしてもうまくいかなかった。その間、毎月50万以上の赤字が続き、500万、600万の赤字が積み重なってしまいました。

結果、いろいろあり、3000万円くらいは損失として計上されていたと思います。

要するに、しっかりとした事業判断をできなかったという自分の能力不足。

今もその支払いは続いています。借りたお金だから。

チャレンジしたい気持ちがあります、だからしてしまう時がある。

1000万がそういうお金だったかもなと。

それがあるからできたチャレンジがあるし、もっと違うチャレンジをすれば結果が出たかもしれない。ただ、借りてなければ、チャレンジができず、撤退が早く、実際の損失はかなり抑えられただろうというのが印象です。

一概には言えないけど、今回のコロナがいつまでどのくらい続くのかわかりません。

今だめだからお金を借りて、生き延びて、数か月後に潰れたとします。

その時には借りたお金以外に、数か月分の赤字がプラスされとんでもない金額が負債として残る。それがこれからの人生に乗ってくるということになる。

逆に収束しそうになるならば、期間をじろじろ見ながら、借り入れしたいと思っています。困ってまーすって。

ただ、1.5パーセントくらいで借りれたりすることは今までも多くあります。

それくらいの金利が払えなかったら潰れますし、無利子で飛びついてしまうだけじゃなくて、今必要なお金を借り入れするべきじゃないかなと。

僕の場合は1000万借り手も2か月もすれば人件費でなくなってしまいます。

家賃までは支払えないかもしれないくらい。

数千万借りれてしまうことが怖いのです。

ただ、1店舗を個人で一人に近い状況でやっているお店や家族は違います。

これを機にお店を利用して家族のために無金利で借りることができれば、

最高じゃないですかね、収束した後は。

家も買う頭金にもできちゃうし、どこで借りるよりも安いから。

特に個人事業主は住宅ローンが下りないです、社長も。

僕も買う時に3つ銀行落ちて、金利が高いプランが何とか通りました。

そういう意味でもとても有益。

家族のために借りる、家族に赤字と借金金額を伝えて借りることが重要。

そうすれば、どこまで勝負していいかを家族で話し合える。

いわないで借りると事業主は勝負しちゃうから。

 

僕は借りることをいいことを前提に慎重に考えているのです。