okeiのコトバ~新橋okeiオーナーの話~

神奈川大学を卒業し、広告代理店で6年間勤務。飲食店独立を目指し、退社。2年弱の修業を経て、2005年に29歳で新橋でokeiを開業。(現在、Pizzeria Terzo okei,Viva okei,おけい屋.炭おけい屋.酒場961の5店舗)飲食の事、カズやサザンのこと、人生の事。コトバノチカラを信じて日記に示したいと思います

さぁーOKEI BREWERY オープン

今日、いよいよOKEI BREWERYがスタートする。
現在、醸造免許申請中のため、まずは国産クラフトビールと旨いメシの店として。

いやーまだタンクもないし、醸造設備もないけどすごいです。
夢がどんどん音を立てて叶っていく様を感じている。

自社ビール工場ができるってすごいことです。
わくわくが止まらない。

ピッツァの窯がやってきた時も高揚したが、すごい感動です。
工場ってすごいなって。
人が楽しむものを作っていく場所。
お酒っていう無限の可能性があるものを作れるってこと。

自分のビールで乾杯できるってすごい。

一つの雑談からビール工場を作ると決めた。
やりたいという強い意志を持つ松山がいたから踏み出せた。
もちろん、今もなお税務署とのやり取りで頭を抱える。
それでも何とかする能力は16年でつけたつもり。

初めてのことを無数にやっている今。
「やりたい」「楽しい」って気持ちが強くないと続かないし、
投資もできない。
そんな仲間がいるから同時にたくさんのことにチャレンジできる今。
幸せだなー

こないだ。
碧が泣きました。
酒屋がうまく営業できないことを。
経理も仕事だけど、ワインができる喜びを続けたいと。

外川が泣きました。
新しいお店を任せてもらえること。
今の環境に対しても幸せだといいます。

黒井が嬉しそうでした。
961が再開できて最高だと。

石丸が必至に新しいことをスタート。
料理人としてではなく、店主として。

武田が泣きました。
クラファンで首の皮つながったViva!okei。
そのクラファンを作ってくれたお客様と再会して。
感謝でいっぱいで。

田中が嬉しそうです。
ブルワリーの料理を任され、新しいキッチンで。
楽しすぎると。

全部かけなくてごめん、でもこれ、全部この数日のことです。

魂がある人がいるってことがどれだけすごいことか。
お店が変わり、人も変わる。
お客様も新橋になかなか来れなくなった人もいるだろう。
それでもお店は毎日続けていく。
こうした仕事を飛び越えた感動を持てる人がいないと
今を乗り越えることはできない。

そこには感動があるし、力がある。

だんだん、決まってきたことがあります。
続けられないお店もあるし、過去の武勇伝は捨てなくてはいけない。
そこの指針は、魂ってこと。

過去じゃなくて、今魂がある人やお店を残して、新たな魂を生み出していく。
そして20周年で自分たちで作ったビールで乾杯したいんだ。
そのために頑張る。

28歳で広告代理店をやめて、
29歳でピッツェリアを作った。
14人の独立店舗を輩出できてさ、
10年以上続けられてさ、
ソムリエもたくさん合格できた。
お客様と作るお店も沢山あったし、
デザインも友人がしてくれる。
お願いすれば、快く引き受けてくれる仲間がいる。
家族を連れてきてくれるスタッフもいるし、
大切な社員がいる。
自分のビールも作るし、いろんなエリアに
お店が増えてきた。

このすべてに真逆のつらいことがある。
それでもこれって幸せですよね。
たくさんの夢のようなことがここにあるから。

夢が叶うってことを
地響きのように自分が感じ、
続けていることが今、また今日改めて感じる。

今が全て。家も売っちゃおう。

休業や時短、そんなセンセーショナルな言葉にも慣れ、緊急というものには見向きもしなくなってきた今。

これからの人生や夢、希望を考える時間になっている人も多いんじゃないかなー。

僕もその一人。そういう空気の人って、なんか集まってきたりしますよね?

同じ穴の狢っていうやつですかね。

すごいポジティブと、無謀と同じ言葉だと思っている僕は、手あたり次第って言えちゃうくらい、手を出しては引いて。

そう、皆さんが思う10倍くらい手を出しては辞めてます笑

なーにんも売上上げない動きって無駄という考えもあるし、経験だっていう人もいる。

結局、結果です。

自分が望まない結果でも、結果は出るし、望んだ結果が正しいのかどうかも不明。

そう、結果が良かったんだって思える仲間がいたり、時間があればいいのかなって。

今の自分にとってのプライオリティと、過去の自分のプライオリティはすでに違う。

だから今の自分が今の状況をよいと思っていればいいかなって。

コロナになり、新橋でいっぱいお店があることが悪ではないけど、苦しさを生み出している、そしてこれからも生み出すことは明らかになっている。・。・。

ハッキリ書くと、5個の屋号が新橋にあるokeiは少なくなるでしょう。

撤退ですね、たぶん。それが「あー辞めなきゃよかった」ってなる新橋を夢見ています。ただ、今は分散してしまうのはイマイチと思っているから縮小し、逆に集中して新橋のお店も運営したいと考えてる。

そしてその他の場所、月島、豪徳寺、日暮里とエリアが変わって運営していく。

そうすると新しい仕事も見えてくる。配達とか、セントラルキッチンや酒屋プラスα。

また、様々な問い合わせが来るようになってきているのでそんな仕事もあるのかも。

僕がそうであるように、10年以上一緒にいてくれる石丸や碧、黒井や武田。新しい事業をスタートしている松山、外川もすっかり古株かもしれない。

そんなある程度長くいてくれている人たちに僕と同じような動きをしていってもらい、それぞれが自分たちの事業として進んでいく力を持ってもらいたく、日々精進。

かなり無駄と無謀ともいえるチャレンジを数年続けている。

それがコロナで花が咲いていくような気もしている。

例えば、営業許可証、酒屋免許取得など手続きだってやってもらうとみんなアタフタする。それが大切。事業をやるって一つ一つが大変なんだってわかる。

小さい事でもやることだ。

そして辞めることもチャレンジの一つですね。お店もそうだし。

僕、勝どきに住んでいるんですね、今。築40年のリノベマンションを買ったのが6年前。4000万くらいでした。

それを売ろうと思ってます。理由は、お金が無くなってきたから。

現金がなくなっていく不安を解消しとかないとまずいなと。

賃貸にして身動きがとりやすくしようと思っている。コロナがなかったら新橋が中心で引っ越すのは難しかったが今はどこが中心かわからない。

だからどこに住んでもいい。ポジティブ。

だから失っても、また新しい生活が待っているはずだから。

そんな話を嫁にしたらこんな返事だった。

さすがです。

「じゃーどこに住もうかなー何買おうかなー、楽しい」

友人ですと紹介されて嬉しかった。

いやー毎日書くはずのブログ、無理でしたー豪徳寺にオープンした新店に張り付いているため。・。・。しかもそれに集中していながらも。いろんなことが動きまくっていてなかなか自分の首を絞めています。・。・

ま、そんなときにいろんなスタッフが躍動を見せてくれたり、あまりに僕が動いてくれないから、しょうがなく先に色々勝手にやってくれたり。

いつもこうやって強引にスタッフともども成長したり、対応力がついているような気がする。

1か月近く書いてないので何を書いていいやら。ということで、細かいコトってよりはこないだですね、イルタンブレロというピッツェリアの大坪さんと会う機会があったんですね。久々に連絡をもらって、色々とお話をすることが出来ました。

大先輩だし、有名人です、大坪さん。ちょっとずつ仲良くしてもらって、沖縄2名で旅行したり笑

最近は、okei黒井君が研修的に大坪さんの店で働かせてもらったり、お勉強させてもらってます。二人で話しながらいろんな話になるんです。

経営のこと、これからのこと。本当に意見交換というか、アイディアをもらったり、生意気ながら意見しちゃったり。

大坪さんと話していると自分のことが整理できたりする瞬間があって。先日もその瞬間がありました。僕、常々思っているんですが、毎日毎年、すごいフレッシュなんです。

ド素人から始まり、1年目、3年目、5年目って過ごしていく中で成長はしていくんだけど、訪れる日々が常に新人の感覚なんです。

1年目の自分も初めてだけど、2店舗やり始めたときも2店舗やるのは初めて。今は7店舗あるんですが、7店舗やるのは初めてだし、新橋からかけ離れた場所でやるのも初めて。クラフトビール工場をやるのも初めてだし、その間に7店舗を運営するのは初めて。だからいっつも初めてばかり。だから目の前がいつも真っ白で、いっつも調べて、聞いて、わからなくて、立ち止まって、わかってきてまたスタート出来て。

お金が余計にかかったり、運よく安かったり。結局、やりながら全てが備わっていくというか。アイディアというとカッコいいですが、「ワクワク」「あ、いいかも」というイメージを持ったら、すぐにスタートしちゃうこともある。

それから出来なかったり、潰れちゃったり、トラブったり。

結局その連続で16年が過ぎている。

面接を今沢山してるんです。来年のためって感じで。人って難しいのでずっと話してます。結局ただの相談になったり、友達になっちゃったり。

自分が脱サラで苦労したから、そんな人が面接に来るとそんな感じになって面接じゃなくて、導く話をしていくことが多いのです。

ま、それも自分かなって。

そんな色んなことをこうして整理できる瞬間が大坪さんと話しているとあるんですね。

やっぱり経験も奥行きも全く違う二人なので、刺激があるのかもしれません。

ただ、僕はただの大坪さんのファンだったし、お客さんだったのが8年ほど前。それから少しずつ情報交換ができるようになって、時間がいろんなものを生むんだなーってつくづく思っているのです。

今、okeiという店はもうムチャクチャです。

全員が全く違うことを考えているといってもおかしくありません。

それが集まったときに途轍もない力になると信じています。

僕もワインをもっと理解して、もっといいサービスをしたい。

スタッフにもいいアドバイスしたいし、導きをしたい。

やっぱり全く新しい場所で初めて、お客様が来てくれる幸せを改めて感じてるから。

新橋に来てくれている常連さんのお顔を思い浮かべながら、遠いのに顔を見せに豪徳寺に来てくれた方々のことを想いながら、そういうお客様が一人ずつ増えていくように。

人はそんなに大きな幸せはいらないですよね、ちょっとした表情やコトバで生きていける。

大坪さんと一緒にいる時に、僕のことを「友人です」って紹介してくれた言葉でニヤニヤしてた、片寄雄啓でした。

 

他エリアへのチャレンジ

明日から豪徳寺新店舗オープン。新しい場所、体制など、新しいことばかり。

わからないというか決め切れてないことも多く、進みが悪かったり反省もあります。

でも、そもそもうまくいったことの方が少ない人生というか事業を楽しんでいく能力だけはあるみたいで。

そういう意味では今までとも変らないし、現在準備中のクラフトビール工場建設やその他も同じようにバタバタとするんだろうな。

契約の時点でOlympic後にオープンであろうということは想定していたし、コロナも落ち着いてる>?なんてあらぬ思いもありましたが笑

22日までは協力金もないので酒を出しつつ、状況見ながらって感じだと思いますが、ランチから22時までノンストップ営業してみます。

16年目は目まぐるしい。去年コロナで考えていたことを全部噴き出している感じ、。

大きなものがドドドって動いていく感じがすごい。

そういう中で会社経営。飲食店経営、チームというものをまた考え、悩み、進み、反省しまた前に。そんなことが心の中でうごめく。

まずエリアがこれだけ違うと、もうすべてのお店を見続けることができない。

これがネガティブ要因だということは、数多くの経営者が体感し、苦労したところ。

それをずっと言われてきたし、今も言われている。

そしてそれを改めて退官すると確かに苦しい感じはある。

伝わらない、伝えられない、わからない。個人の感覚や情報量、情報整理量に頼ることになる。そこですね。

そこにシステムが必要になって経費が掛かって。みたいなことなのかなー。

ただ、あまりそれをネガティブだけに考えていない。

これまで同じような話をずっとずっとスタッフとしてきた。

もちろん現実になると全くできなくなったり、止まっていたり。そんな感じも見え隠れしながらも、何度も何度も話してきたことだからハッと気づいては一歩踏み出すやつが出てくる。ストレスは話し合える人も多い。

仕事を振るのを下手な石丸は武田に怒られ、明日オープンするのだし。

クラフトビール工場という大きなプロジェクトもあるが、そこには松山がいる。

おけい屋を一緒に作り上げてきた仲間。年齢もちょうどよくなり、嫌なことも経験し、新しいことをスタートを引き受けてくれた。

見えないことに不安やきつくなりながらも、ぐっとこらえて前に進もうとしてくれている。助かるというか、任せた!というか、楽しみな人だ。

酒屋には碧がいる。ここも永くいてくれる人だし、信頼している。入社した時の不器用さはなくなり、自分がサポート役としていることに徹する。そしていま、コロナで酒屋を任されて躍動する人だ。

ピッツェリアには新しいスタッフが揃う。一番大変だ。でもやっとそこを楽しむ人が増えてきた。やっと楽しんできた。既存スタッフがあまりいないことで苦しんでいたのが、振り切れたのかもしれない。僕はピッツェリアに関してはブツブツ一番言っている。怒られても辞めていいって言ったこともしばしば。でも何かくらいついてきてくれている、新しいイベントをやろうと努力している風景も楽しみだ。

Vivaokei おけい屋も新しいスタッフも加わり、新しいお客様になるであろう新橋で苦しむだろう。でもここにも武田がいるし心配はない。

名前を挙げたきりないくらい、頼りがいのあるスタッフばかりなんだ。

だから今苦しくてもうまくいかなくても、前に進む勇気がある。

オケイのチカラってそこだと思う。

僕じゃなくて、みんなが分からないなりに進めること。その環境だけを作るのが僕で。

事業って辛いのかな。

僕らは楽しんでいくつもりだし、楽しい。

だって入りたい!って言ってくれる仲間が増えたりするから。

一人じゃつまらないよ、沢山の仲間といろんなことしたい。

コロナで大変だけどね、どうせダメならバンバンやりたいなって。

光が見えるために待ってられない。

判断が間違えても判断しないよりはましだ。

豪徳寺新店舗は酒出します、研修1か月。

豪徳寺の新店舗8/9OPEN!酒出します&22時まで】

【新島研修スタート】

悩みましたが酒出します。

8月22日までは少なくても協力金もありませんし、住宅街ってことで未開拓エリア。これから勝負なので、そうします。

時間は22時までにしてみます。変わるかもしれないけど。

最近ずーと豪徳寺にいて、住宅街って面白いなーって。新橋ですれ違う人とまた違うので新鮮です。これからここで石丸が中心となって事業を営むだなーって思うと楽しみ。

古民家を改装したのも初めて。お金はかかるけど楽しい。2500万くらいかけて改装。

古い部分も残すから大変。最初から作ったほうが安い笑

でも好きなことやるために頑張ってるんだから、好きにさせてくれ!

今できる自分のアイディアを盛り込んでいくって感じ。

初めてテイクアウトゾーンも作ったし、初めて階段も作った。新しいスタッフと前からいるスタッフ、この店から働くスタッフもいる。

そういう意味でいろんな新旧が入り混じり楽しみな店。

そして今日から新島研修が始まってる、僕はいけなかったけど、それもまたよし。スタッフが事業の可能性を見出してくる。

その一つが

camp-fire.jp

こちら。

塩づくりをする人がいて話を聞いたり。事業を一緒にできたらいいなって。

去年から新島での事業を考えていたところから、話が沸いてきて。

楽しみ。だってお料理は必ず塩を使うから。すごい前向きい考えている。

新しい事業って作るのが楽しい。飲食店だとやはり難しい雇用体制があってやりづらいけど、広告代理店の時はそんなことばかりだったし。これからはそんなイメージの飲食店でいたいから、スタッフが事業を作ってそれを一緒にやる感じ。

僕が考えないことを皆が思いつく環境づくり、それがこの研修の目的。

クラフトビール研修も、高知でのレストラン研修、豪徳寺新店舗運営とピッツェリアランチ営業、全てが新しいことをやってる感じ。

同じことでもやる人が変わっていけば新しいし。

酒屋営業も課題ありながら確実に解決できていると思うのでよくなるはず。

躍動感と達成感で泣いちゃうくらい頑張ります!

 

8月は研修祭り。

本題の前に少しだけ告知。
「アトリエ・ド・テリーヌ メゾン・オケイ 8/9 オープン」

小田急豪徳寺駅でテリーヌをスペシャリテにしたフレンチをオープンします。
8月9日です。
WINEはナチュールと日本ワインになるかなーと。
クラフトビールももちろん置きますよー11月までは他社のゲストビールなどになる予定。
築70年古民家を大改装して気持ちよい店になっていきますので、是非遊びに来てくださいませ。
吹き抜けの2階はソファなどが置かれ、少しゆっくり空間。
メディアの方など、対談・撮影などにも使用できる環境づくりを目指してますので是非!

さて、本題。
緊急事態宣言など、色んなことに左右されてきた1年半ほどか。
少し地に足をつきたく、社会情勢も読みつつ、左右され過ぎないで行こうと思っています。
どちらかというと左右されてきた=対応しようと努力してきたつもりなんですがね。。。

今回はサカヤとピッツェリアLUNCHだけを営業し、その他は休業。
こういう中でのオーナー決断というものは色々とありますよ、本当に。
自分が完璧な決断出来ているわけじゃないし、苦しさや悲しさ、そして不安。
その中で見出すのは、どっちにしろ苦しいなら、少し楽しいこともって考えました。
新橋というエリアでの難しさは感じていますが、16年目の自分。
そんなことは理由にもなりませんし、これからのことを考えてワクワクするしかないかなって。

なので、スタッフを各地へ研修に行かせてみることにしました。
どんな感じで皆が変わってくるのか、楽しみにしてくださいね。

◉東京都・新島を体感。事業の可能性を見出してもらうこと。こんなに近くでも知らないモノばかりって感じも。
塩づくりをしていく仲間もいるので、そこを今後どうやって応援しつつ、okeiとして取り組んでいくのか。
◉四国・高知のレストランテ研修。昔からの仲間の店で研修。四国の自然の中でサービスしたり、料理したり。
作り手や別の経営者の気持ちやスタイルを感じて、何かを見つけてきてもらいたい。
◉宇都宮へクラフトビール研修へ。11月に日暮里で醸造をスタートするokeiBREWERYの研修。
僕たちのスタイルをまずは作っていくエピソード1。ワクワクドキドキ。
豪徳寺オープンは全スタッフ総出で入れ替わり立ち替わりって感じにして、協力し合うことや住宅街を感じてもらう。

人を信じること。
人と過ごせるってことが楽しいって伝えること。

今、自分がしたいことをしていきます。
スタッフにそれを伝え、望みます。
今を守るのも、新しいことをやるのも一緒です。
結局、今を守るために新しい考え方やスタイルが必要なわけですから。

今しかできない経験をスタッフにしてもらうこと。
それが何かになるんじゃないかなーって思います。

なので、僕はスタッフを日本中に行かせちゃうって判断。
いい場所があれば、また行かせちゃう。

さてどうなることやら、楽しみです。

店のあり方

お酒の提供がokになってからおけい屋で営業に立っている。

あっという間に2年という歳月が過ぎたお店。

コロナ前を想うと寂しい時間もある、新橋駅前ビル。

とはいえ、あの空間デザインは今からでは作れない、唯一無二の場所だなーとつくづく思う。人とのふれあい、近所の方々との他愛もない会話。

新橋という場所はオフィス街というイメージですが、下町や住宅地にあるような一角のような気もしちゃう不思議な場所もあるのです。

となりのちゃこばーのチャコさんからは、たまにたこ焼きをもらうし笑

むちゃくちゃうまい!常連さんからの要望で作っているお裾分け。

やはり現場でお店に立っていると生きているなーって感じもする。そもそもそれが夢でこの世界に入ったわけで、経営がしたい!なんて思ってなかったから。

今でこそ、経営していく術やキモチなどを問われたりするが、そもそもすべてに裏付けないどない。思いつきもあれば、ひらめきもある。キモチ先行上等。

そこに16年間という歳月がくれた裏付けがあったりして、今の自分を作っている。

店に立っていて、最近気づいたこと。

僕じゃなくてもお店は回るし、存在はしている。美味しいものも出るし。

でも少し自分へのお客様からのコトバがとても印象的なことが多い。

「オケイさんにはお世話になったから」

「オケイさん、いつもありがとうね」

「オケイさん、会えてうれしい」

「オケイさん、ワイン頂戴。何でもいい」

毎日毎日。多くの方とお会いしてきた、お客様が少ない今でも、10年以上前に来てくれた方が通りかかったり。

皆さんの反応は総じて、こんな言葉。

もちろん。大したことはしていない。

昨日の男性は、同年代くらいの方で13年くらい前から来てくれている。

5年ぶりにたまたまおけい屋の前であってから初来店。

入社した当時に同期と熱い討論を朝までしていた。

営業時間が過ぎても彼らの熱を冷まさないように、聞いてあげただけ。

結婚式の挨拶をさせてもらったお客様もいる。

何となく、空気を読んで出したワインに泣いてくれた方。

色んな人が16年でいた。

結局、自分が作った空間を利用してくれるのが嬉しくて。

どんな理由でもよかったんだ。

美味しい料理が僕が作れるわけじゃない。

作れる人がいるから僕を自由にさせてくれた。そんな料理人が沢山いる。

注いできた時間が途轍もなく長い。

その時間がお客様に届いて温かい空気になるおけい屋。

入ったばかりの田中シェフも沢山のことを感じて日々過ごしてくれているように思う。

美味しいだけではだめだってこと。

時には話に夢中になるシェフを見て嬉しくなる。

今僕の会社にいる15名くらいのスタッフが夢見る空間は、時間を無視して注いできて空間。今、時間が限られたり、働く時間も縮小される世の中。

24時間考えてきた自分と違うが、短くてもその空間を目指したいスタッフ。

これから、そういうギャップをどう埋めるかがスキルになるのかもしれない。

働き方が変わっても、お客様が求めるホスピタリティや気持ちは変わらない。

そのために何をすべきなのか。それは僕もハゲルまで考えるが、本人たちも悩む必要がある。

仕事としてよりも自分の楽しい空間づくりのために、24時間考えるのも良し。

与えられた時間にどれだけ成長できるかをチャレンジするもよし。

求める自分のための努力はしないといけないわけだから。

少し見えてきました。

どんな店がやりたいのかを。