okeiのコトバ~新橋okeiオーナーの話~

神奈川大学を卒業し、広告代理店で6年間勤務。飲食店独立を目指し、退社。2年弱の修業を経て、2005年に29歳で新橋でokeiを開業。(現在、Pizzeria Terzo okei,Trattoria okei,Viva okei,おけい屋の4店舗)飲食の事、カズやサザンのこと、人生の事。コトバノチカラを信じて日記に示したいと思います

14thパーティを終えて

14周年partyが終わり、1日1日時間が経つたびに

皆さんの顔が思い出されて幸せになる。

432人。

とてつもない人数が1つのお店のパーティに来てくれた。

本当にありがとうございます。

沢山くればいいというもんではない。

ただ、あの場所にいた人ならわかるだろう。

全ての人が笑顔で昔話や近況報告。そして何よりもokeiというお店の誕生と継続を

心からお祝いしてくれている人たちばかりだった。

14年間、あのパーティを継続してきて本当によかったなあーとずっと思っていた。

自分が毎日同じ場所にいる14年間じゃなかった。

店舗が増え、人が増え、お客様が増えた。

14年間続けているパーティを運営してくれているスタッフは毎年少しずつ変化している。

同じスタッフがやるならまだしも、違うスタッフが毎回行うパーティ。

温度を埋めるのが難しい。それを補ってくれるのが

多くのお客様からの声。

楽しみにしている声、昔話をしながらその日を待つ声。

それによりウキウキワクワクしてくる新しいスタッフ。

そして、その仲間たちは当たり前のように準備を進めていく。

数百人くる長時間のパーティを仕切れる人は少ない。

それがokeiというお店では当たり前のようにお客様主体で考えが進んでいく。

その奇跡がとてつもなく思いとしてある。

 

飲食店としてやっているパーティなのか。

そうじゃない気がしてきた。

僕はずーと言ってきたことがある。

とにかく、自分が作った空間に入ってきた人が少しでも幸せになる空間を作りたい。

そのために美味しい料理とワイン、そして人が必要なんだと。

 

ライブが行われ、時には踊りだす。BGMを知らない人と肩を組んで歌う空間。

来れなかった人には到底想像もつかない、愛情いっぱいの空間だった。

今年だけじゃなくてね

 

そして今年、昔からの仲間は少なかった。もちろんそれは悪い事ではない。

先輩方は遠慮してくれたり、もうぐっちゃぐちゃが疲れたり笑。

それ以外に来てくれたりする。

それよりも14年間で僕らを支えてくれたお客様で埋まっていたのだ。

ほとんどがそうだった。

そういう意味では今のスタッフを中心に、今までの卒業生含め多くのスタッフの力により、積み重ねられたお客様が一気に集まってくれたということになる。

 

それは本当にありがたく、スタッフにとっても嬉しい出来事だった。

 

忘れずにいたい。

この感覚。

なぜ飲食業に入ったのか。何をしたいのか。

スタッフとともに成し遂げたいことは何なのか。

 

全員なんて無理かもしれないけど、

自分と出逢った方々が少しでも幸せになる人生でいたい。

okeiであれおけい屋であれ、片寄雄啓自身であれ。

 

14周年を楽しむみんなの顔をみてひしひしと感じていた感覚だ。

1つの区切りを迎えた。来年2020年。

okeiから小さなお店を誕生させます。

名前もまだありません。

烏森神社の近く、雑居ビル2階です。

自分がPizzeria Bar okeiを出した時と同じ感覚。

もっと小さい。

でも、肥大化したokeiという組織を集中力を高め、

お客様の楽しさを増大したい。

行きたくなる店、会いたくなる人。食べたくなる料理。食材。

そして飲みたくなるワインやビール。

僕はこれから旅立つ感じかな。

今年のTシャツのバックには

never go back

と刻んだ。

過去は振り返らない。

前進あるのみ。

原点回帰の店から先に進む。

着実に 大胆に。

自分ができる事だけじゃ足りない。

出来ないことも沢山チャレンジしていく。

そんな自分になります。

コトバで埋まる日

もうさすがにネタバレしていることなんであれですが・・・。

14周年、いや毎年OKEIの周年partyでは、店内いたるところに

ありがとう

という言葉があります。

スタッフが日頃感謝している仲間や家族、お客様などいろんな角度のありがとうのコトバで埋め尽くされます。

今年は階段にお客様やいろんな方がメッセージを書いてくれている。

そう考えると、いろんな言葉で埋め尽くされた、本当に心のこもった1日になるだろうって思っている。

色々と考えていたのですが、毎年僕もありがとうってメッセージを300~500枚くらい書いてきた。その大半がスタッフへの感謝のコトバ。

日頃言えないことや今思っていること、もう卒業していったスタッフへ。

毎年毎年その枚数は増えていっている。

今年、多くの方が階段にメッセージを残してくれた、ありがとうって言葉。

それはビル解体に伴いトラットリアオケイが閉店するから。

パーティの時にはそのアーケードをくぐって皆さんが入店していく事になる。

毎年ありがとうで埋まっていくあの階段をお客様たちのコトバで埋めてもらっている。

感謝でしかない。

その代り、あの場所に貼るべきありがとうはどこに貼ればいいのか。

今だ未定。笑

ただ、確実に場所がないので、各スタッフへ枚数を絞ってもらった。

僕も枚数を絞るにあたり、色々と考えた。

結果、僕はスタッフへの感謝は別の形でしているので、

今年はスタッフ以外のことだけを書くことにした。

スタッフへはokei連絡網LINEなどで少しずつ示していっているところだから。

ここに少し書き留めておきたいと思う。

 

名もない、Pizzeria bar okeiをみつけてくれてありがとう。

 

雑居ビル2階の暗い階段を恐る恐る昇って来てくれてありがとう。

皆さんが音を立てずに上がってきて覗いていく姿が忘れられません。

 

開店して数年間、僕らのエプロンを作ってくれてありがとう。

あれがあって、支えられてるって強く思いながら中田といました。

 

お店を作っている時に缶コーヒーをくれた近隣の方々、本当にありがとう。

新橋っていうTHEサラリーマンのところが、一気に親しみの場所になりました。

 

お前に会いに来てるんじゃない。okeiが好きだから来ているだけだ!

そう言ってくれた、先輩。

涙が止まりませんでした、ありがとう。

 

WE ARE okei っていうDVDを作ってくれてありがとう。

今でもあれがこの店の道標なんだよ。

 

1人で来て、相談をしてくれてありがとう。

何が出来ているか、わからないけど、頼ってもらえる幸せを

お店を出してしみじみ感じます。

 

道端で声をかけてくれてありがとう。

今では新橋を歩いていて知り合いに合わない日が無くなりました笑

 

たくさんの差し入れをありがとう。

お店でお金を使ってくれるのに、お土産まで。。。

本当に感謝と申し訳ない気持でいっぱいです。

 

風邪をひいているってブログに書いたら

沢山の栄養剤が届いた。。。ありがとう。

あれから、書かないことにしました笑

 

okeiが大好きです

そう本気で言ってくれてありがとう。

僕も負けずに大好きなんです。

もっともっと大好きな店にします。

 

お店の名前を憶えてくれてありがとう。

今でも知らない方がokeiって言っているのを聞いて

グッときます。

 

14周年partyに来てくれてありがとう。

多くの方から10月くらいにはいつやるのかを聞かれる昨今。

そのたびに、支えられてるって心から思うんです。

 

10周年の時、お店をの絵をかいてくれてありがとう。

オヤジとのコラボは一生忘れられない宝です。

 

ゆず、生まれて来てくれてありがとう。

こんなに近くで子供の成長を見るのは初めて。

本当にいつも驚かされています、いい子に育ってね。

 

カズ、まだ現役でいてくれてありがとう。

あなたがいてくれて、僕がある。本気でそう思っています。

 

サザンが好きで良かった、ありがとう。

14年間だけじゃなく、今までサザンで出会って仲間は

数知れず。今ではサザンのお店って言われてるokei。

幸せです。

 

記念日をokeiで過ごしてくれてありがとう。

一生で一度、年に一度の日を何百万とある飲食店の中で

okeiに来てくれる奇跡を常に嬉しく思っています。

精一杯、お祝いさせて頂きます!

 

また来ちゃったって連続で来てくれる方々。

全然慣れてません、嬉しくて飛び上がりたい気持ちでいます、ありがとう。

 

okeiは夫婦の台所、なんて言ってくれてありがとう。

誰かの何かになれてるって、マジで幸せなんです。

 

一緒のフェスにいってくれてありがとう。

僕の心の支えの一つの場所。毎年同じところに行く喜び。

 

誕生日に手紙を書いてくれてありがとう。

コトバって結局強いです。

 

おけい屋の周りのお店の方々、ありがとう。

何も知らない自分に色々教えてくれて感謝しております。

 

おけい屋の常連さん。ありがとう。

まさか、こんなに早く常連さんができるとは思いませんでした。

 

OKEIの常連ですって言ってくれてありがとう。

皆さんがいるカウンターが大好きです。

 

OKEIのカウンター、ありがとう。

僕はカウンターで大人になったような気がしています。

初見でも仲良くなれるカウンターが嬉しいです。

 

携帯電話にOKEIの電話番号を入れてくれてありがとう。

okeiって入ってます?そう思うとぞくぞくします、嬉しくて。

 

僕にワインを教えてくれてありがとう。

人生豊かになりました。

 

okei中に絵をかいてくれてありがとう。

沢山の小人たちがワンサカいる空間。

夢のようでした。

 

OKEIの壁を塗ったり、改装手伝ってくれてありがとう。

同級生がやってくれたこと、常連さんがやってくれたこと。

全部一つひとつが思い出です。

たぶん、これからもおじいちゃんおばあちゃんでもお願いします。

 

okeiが僕らの部室です、そういってくれてありがとう。

部室っていう言葉が大好きです。

 

雄啓がokeiって知ってくれてありがとう。

今、意外と知ってくれている人が少ないんです笑

 

okeiで歌を歌ってくれてありがとう。

アーティストが歌を歌う。それが自分の店。

それが夢だったから・・・。感激です。

 

14年間、毎日通わせてくれた、僕の体、ありがとう。

体力や健康、その他諸々がないとこうはいかないから。

 

1本の電話から色んなことをお願いする僕を

何も言わずに、ただただ協力してくれる方々。

いつも思い付きでごめんなさい。ありがとう。

 

父へ。

お店の絵をかきたい。そう言ってくれてありがとう。

どれほど嬉しいか、なかなか伝えきれず。

長生きしてください。

 

町子さんへ

 こんな僕を頼ってくれてありがとう。

出来るだけ僕ができることは、何でもするから。

長生きしてください。父をよろしくお願いします。

 

母へ

元気でいてくれてありがとう。

たぶん今年もここに来るだろうね。

皆が待ってますよ。

 

姉へ

いつも気にかけてくれてありがとう。

あまり気にかけなくてごめんなさい。

 

僕に開業資金を貸してくれてありがとう。

お蔭で今があります。

あの心のこもったお金のこと、スタッフや仲間へ伝達しています。

 

OKEIのシャツを大切に来てくれている人が沢山います。

ありがとう。

昔より、かっこよく作ろうと努力してます。

 

木村硝子のワイングラス、ありがとう。

すごくワインを扱っていて楽しくなります。

 

WINEの作り手を作れて来てくれてありがとう。

言葉の壁をワインが越えてくれて・・・

肌で感じられる気持ちが嬉しいです。

 

ピッツァ、ありがとう。

お好み焼きが好きだった自分の前に現れて、

職業にしてくれた恩人?恩食?

焼きあがる間の1分半。あの時間が好きです。

 

 

僕はお店を出して良かった

おけい屋は23時45分までのお店。ビルも12時半には大体の扉が閉まり、スタッフ通用口しか通れなくなる。トイレも一つしか使えなくなる。

でも忙しくて片付けが全く終わらない時とかは、お客様がいれば、そのまま飲んでもらう時がある。

まさに今日がその感じで2時半の今もお話が尽きない、お客様がいて。ちょうどいいからブログを書いている。

こういう時、内容はよくわからないが、必ず熱い仕事の話。

どうやったら良くなるのか。今の編成について。そんな感じみたいだ。

サラリーマンという職業はずっと仕事だ。そう思う。

飲食店はサラリーマンが飲みながらこうして仕事の話をしなくなったらほとんど潰れるんじゃないか。

僕もサラリーマンの時、毎日飲みにつれていってもらい、朝になった。

だから、こうして熱い仕事の話をしている雰囲気が懐かしく、好きだ。

落ち着くというか、嬉しいというか。

話が弾む店。悪くない。

もちろん、スタッフにそんな無理は今はさせられない。

中田と始めた時は、毎日ラストオーダーなんて取らず、厨房で座って二人で話していた。まだ終わらないなんて言いながら。

それでも、その空間にいて至近距離で毎日話し合っていたことが、今につながっている。

所詮凡人が始めたお店。人より時間もかかるし、寝れない日々も上等だ。

だって、自分で始めたんだから。

飲食業、いや仕事なんて調子のいいこと言っちゃうものだ。

暇なら暇疲れ、忙しくなりたかったはずなのに

忙しくなれば疲れたっていう。

笑っちゃう。

疲れ切った自分の体を起こして、ステージに立つ営業前。

頭にジェルを付けて、エプロンをして。

よしって心で叫び、始まる。

思い思いにこの店に入ってくる人たちがいかに楽しんで帰れるか。

それは隣の見知らぬ人が楽しんでいたら余計いい。

見えないけどカウンターで皆が手をつないで飲んでいる感じを想像したりする。

僕のカウンターで皆が楽しむ。

OKEIの料理人を囲み、お菓子をもらいに並ぶ子供のように。

OKEIの料理人が楽しむ空間が出来たら幸せ。

あー少し忘れていた感覚がこうして言葉で整理されていく。

自分がやりたい店や会社、仲間。

今、こうして新しい業態をやったことで明確になりつつある。

一生懸命、精神誠意、注ぎたい。

 

僕はお店を出して良かった。

カウンターで大人になった。

ふと泣いてしまうこの時期。

色んな気持ちがあって、ぽろっとくる。

お店をやるっていうことはとどのつまり、忍耐の時間が長い。

14年間はそれの連続だった。

ただ、その忍耐により、沢山の幸せを感じることができる。

それが続けるということだと思う。

14周年partyを開催するのが12月7日。

4つのお店を経営しながらやるのは初めてだし、1つのお店がなくなってしまう最後のパーティということでとてもドキドキする。

おけい屋というお店に自分は担当としている。

離れている場所ではないのだが、常に違う場所にいるのでどうしても

色んなことが出来ていない。

それでも日は迫ってくる。

あの場所で行うパーティをいかにしてスタートしてきたか。

14年間で多くのことがあり。出会い。別れ。

そこにはドラマや歴史がある。

僕にとってそういう場所だ。

僕はokeiでカウンターを大切に考えている。

テーブルがあると嬉しいが、カウンターがないと困る。

スタッフと話すカウンター

親密な方と交わす会話なカウンター

親密になりたいカウンター

いきなり知り合いカウンター。

ワクワクするカウンター

 

 

OKEIはカウンターで大人になった。

 

今自分がいるのはカウンターのおかげだ。

愛情いっぱいに過ごせるカウンターを見直そう。

皆がそうやって過ごせるカウンターを考え直そう。

 

14年間はカウンターがそこにあった。

それが全てかもしれない。

 

 

何でもない話。

眠れなくて朝4時43分。

夜型だからお休みの日でもこうなってしまう・・・。

NHKでダイーサというピッツァ世界チャンピオンの山本さんがナポリを回り食材を探索する番組を見た。

キモチや実行力、そして何よりも今ではなく今までやってきたことが全てなんだと心に突き刺さった。

そして誰かが言っていた、過去は変えられないけど未来は自分の手で変えられるって言葉が同時によぎった。

彼のようにはなれない、

そう決めつけている自分もいる、でもそうではないのかも知れない。

僕も彼の様なピッツァイオーロに慣れるのかもしれない、やり切れば。

自分がやりたいことを貫くということがどれほどの覚悟か。

それだけは知っているから。

今、片寄雄啓が一体何をしたくて、将来どうなりたくて、今が過去になった時、

今があったから!と言えるかどうか。

そんな壮大なことを考えながらテレビを見ていた。

想えば、桑田さんのライブを見ても、カズを見に行っても、何をしてもいつも同じだ。

自分の将来や今、過去を考えている。

それは経営者皆がそうなのかどうかわからない。

でもそうかもしれない。

最近、色んな人の行動を見ていると、お店を出している人や会社をやっている人の中で趣味や仕事以外のことにも一生懸命やっている人が沢山いることがわかった。

逆に仕事だけの人もいる。

自分はその間くらいか。

悩む時間や身動きが取れない時間、月日。

そんなときも沢山経験してきた、今もそうかもしれないし、違うかもしれない

それでも思い切って決断をしたときは、何かが変化していく時だ。

 

そんな自分に期待する。

そんな自分であれたら、先はある。

 

チーム

グランメゾン東京。キムタクのドラマ。

どうしても見てしまう。

色んな意見がドラマとかだとあるんだろう。キムタクがどうとかね。

僕には最高のドラマだ。

今まで料理のドラマはいろいろある。大体好きだ。

もちろん美化されていたりするから、そんな簡単じゃない!とかある。

でも、ドラマって色々シンプルにしなきゃいけないこともあるからいい事もある。

一つの店や料理に対しての気持ちを言葉にしてくれる。

1人で孤独にトライしている姿とかを見れたりする。

店への想い、お客様へのキモチ、感情、愛情。

日頃心にあるものをテレビだと表現してくれるから心が熱くなる。

石丸がビストロokeiをやってくれていた時。

毎日待ちに12時前に来て、朝まで仕込みをしていた。

何度も何度もマカロンを失敗しては作る作業を見ていた。

カウンターで僕は違う作業しながら待つ。

先に変えることも出来るが待っていた。

出来た時は本当に嬉しかった。

同じ作業は共有できないけど時間は共有できる。

その時間を共有して、同じ目標に向かって違う作業をしていく。

チームとはそういうものだと思う。

魂がある店を作っていきたい。

今より小さいお店

毎日毎日、全ての人に平等にいろんな試練や苦悩が押し寄せているのだと思う。

平等にという風に言うのは、自分以外のことは全くわからないのだが、

年を重ねていくと、やはり皆色んなことを抱えている。

ただ、それを表に出す出さない、言う言わないがある。

そういう憶測の元、平等だと思っている。

自分が14年間。お店を経営してきて、多くの人が成功している人、社長だと褒めてくれる。もちろん、自分でも想像していなかったくらいお店は大きくなったし、多くの独立店舗を生んできてる事実は、誇りだ。

ただ、経営者の仕事の大部分である。決断という仕事の中には多くの間違いも犯してきていると思う。

気づいてない間違いもあるだろうし、それら全てが自分の結果。

大きな失敗もしてきたが、今思うとやはり2階と3階のお店を一緒にしたことは

とても大きな決断をした。

今のトラットリアオケイというお店の構造はビストロokeiから始まっている。

8年間続いたフレンチをトラットリア・イタリアンに業態変更して2年場が過ぎた。

会社として、またお客様としても2階層Styleで認められてきたし、partyが出来たり、多くのテーブルが確保できた店だ。

スタッフ全員がお客様に注いだ気持ちがリピートとしてお客様が再来店してくれることで僕らは心を整えられる。

その場所が沢山あったことは本当に大きな転機だった。

ただ、どうしてもスタッフのモチベーションとして、サービスが行き届かないストレスがあるように思う

大人数の入るお店というのは、どうしても難しいサービス力が求められる。

カウンターでのサービスとは全く違うから。

カウンターと同じキモチでいるのだが、そうするとテーブル席では速度が遅くなったり、間に合わなかったりする。

そういう意味で、愛情いっぱいにし続ける事と、それよりも求められる時がある。

 

大きなスペースを持ち、沢山のお客様が来てくれるお店はできたのだが、

これからの自分の目標というか、どんなスタイルのお店や会社にするのかってことが大きな決断の一つになる。

ハートフルで立ち寄りたくなる愛情いっぱいのお店がやはり好き。

少し今よりも小さくていいのかなと思っている