okeiのコトバ~新橋okeiオーナーの話~

神奈川大学を卒業し、広告代理店で6年間勤務。飲食店独立を目指し、退社。2年弱の修業を経て、2005年に29歳で新橋でokeiを開業。(現在、Pizzeria Terzo okei,Trattoria okei,Viva okei,おけい屋の4店舗)飲食の事、カズやサザンのこと、人生の事。コトバノチカラを信じて日記に示したいと思います

okei おけい屋 やってます

何となく、また書き始めよう。

色々とあり、発信をしないでいようと思っていたりしたのだけど、細々始めます。

okeiというお店が今、4つある。

新しく おけい屋 という居酒屋を出したから。

全く予定がない出店だった。

トラットリアオケイの移転先を探している最中にふと紹介されたのが新橋駅前ビル。

最初聞いたときは、全くやる気がなかったのだが、2度目に言われたときに何となく見に行ったら、即決。

ワクワクしたから。ドキドキしたから。

出店して1か月たち、まだドキドキしている。

未来がある場所だなーと。そして新しい業種を始めたことをチャレンジと感じている。

イタリアンという業態を始めた時も、だいぶチャレンジだった。

脱サラだったから、大丈夫?と思った仲間も多かった。

居酒屋という業界に入り込んで奥が深いというか、概念が広いと思うこともあるし、凝り固まっているということもある。

いずれにしても、やはり自分の想いとアイディアが必要だと確信している。

ネットにも本にも色んな飲食のアイディアはある。

ただ、僕らがやるのは自分が契約した物件であり、そこに回遊するお客様、担当する人たちによっても全く違う。

僕らが自分のお店だけを見て、自分の社員だけを見て、あるアイディアを持ち、実行して、失敗して、またチャレンジ。

それしかないと思う。

SNSを駆使することも考えなおした方がいいと持っている。

結局、とどのつまり、お客様がまた来てくれるかどうかだから。

ただ、知られないことも怖い事。その辺りが難しいです。。。

今、okeiというお店は大きなチャレンジが沢山あります。

各店舗が独立した体制と取りつつあり、僕がいないokeiが成り立っていくように

各社員が奮闘してくれている。

14年前はずっとずっと1つのお店にい続けるつもりだった。

色んなことがあり、こうしてチャレンジが続いている。

50歳になるまでに自分の人生が決まる体制を作りたいと思っている。

会社をより良くしたい。

@月に7回休みという体制をこの数年間続けているが、それを持続、または増加。

@有給制度を使える体制を作る。

@定休日を増やし、安定させる。

@店舗を増やすことが大切ではなく、クオリティをアップしていくことと、スタッフが満足できる待遇。それがお客様へ届くと信じている。

僕は8周年が終わった時から、体制を整えようと考えてきた。

6年が経ち、少しずつ形になっていること、そうでもないところもある。

社長の仕事っていう中にはいろいろあるなあと改めて感じている。

でも今の自分ができることがあるのがうれしい。

okeiって名乗ってくれる人達を大切にしたい。

okeiを去っても、okeiを大切に思ってくれる人もいる。

そんな関係を続けて来れた14年間を誇りに持ちつつ。生きていきたいです。

あ、このブログは書き続けようと改めて思う。

でも前はFacebookにもシェアしたけど、今はやめておく。

 

13年が経ちました。

f:id:pizzeria-okei:20181208134208j:plain

f:id:pizzeria-okei:20181208160156j:plain

f:id:pizzeria-okei:20181208182439j:plain

f:id:pizzeria-okei:20181208201417j:plain





≪いつもありがとう≫

 

子供を合わせたら300人近くが参加した13周年partyで一番言われた言葉。

僕が言わなきゃいけないことなのに、会った瞬間に言ってもらえる。

≪おめでとう≫よりも最初に。

それだけでお店を始めて良かった。

13年間、新橋の自分のお店に毎日来てよかった。

そう確信できた。

今年は、大きな変革の年だった。革命と言ってもいい。

毎年作るシャツやパーカーには

viva la revolution と刻んだ。

新しいViva!okeiをかけて、革命バンザイ!

13年でずっと続けてきたことなんてあんまりない。

変えてきた。人も店も料理もワインも。ぜーんぶ。

変えて、変わらないよねって言ってもらえると思っているから。

今年はスタッフよりもお客様が楽しむことをより考えた。

いつもはスタッフの一体感とか色んなことを第一に考える。

ただ、今年はほとんどのスタッフが2度目以上の周年経験者。

何となくやり方も肌でわかっている。

3アーティストにライブをしてもらい、各階を同時にスタート。

最初から最後までスタッフがそろうことはなかった。

それでもみんなが目の前のお客様とスタッフと楽しむ姿があった。

スタッフが考えた料理やワイン、そしてサービス。個々が自分たちで考えて動く姿が印象的だった。

そのお蔭でお客様としては、お祝い事という圧倒的なオレンジ色の空間と料理。酒。そして音楽。それに加え、スタッフの躍動感が加わり、とてもいいパーティに出来たと思う。

その空間はLOVEJAPANと銘打った、チャリティ。自分としてチャリティというものはいくつかしてきた。ウガンダの子供を2名、お店を出してから育てているのもその一つ。自分が生きている中で、少しの我慢で誰かが生きていけるなら。お店を出して誰かを幸せにしたい!って思ったからはじめたものだった。

新潟、東北やイタリア。色んなときにお店内外でのチャリティ実施や募金などやってきた。今年は災害が多く自分がどうしていいのかわからなくなっていた。何をしていけばいいのか。このままノホホンとお店をしていっていいのか。それで今回のチャリティフェスになった。一番はスタッフの理解。okeiでは利益を20%を還元すると決めている。僕だけの会社ではないとはっきり決めているから。だからチャリティは勝手には出来ないしスタッフとしての本当に自分の給与を出しているのだ。

そういう意味で今回のパーティの主催者は社員であり、社員の家族だった。

そしてそれに賛同してくれたデザイナー小柳和男さん、Importerや食材屋さん(フードライナー、日酒販、稲葉、モトックス、パシフィック洋行、クオーレクール、アルコトレード、ファインズ、岸本、キリン、インベブ、モンテ物産、トレジャーフロムネイチャー、アズマ、三菱食品、BMO、フィラデス、熊本製粉、タカナシ、天草漁港の皆様、フードファッション、サユウ、柴田屋酒店、亀谷食品など)多くの問屋さんが協力してくれたし、アーティストも。ありがとうございました。HONEBONEさん、広沢タダシさん、okeiさん(同じ名前でややこしい笑)

10坪程度のお店が13年前に出来て、オープニングや1周年にも200人以上の人が来てくれたり、それ以降毎年やるこのパーティが、皆の12月の恒例になっていく姿を見てきました。飲食店で成功できるという確信は持ってませんでしたし、今でも不安でいっぱいです。それでも人の出会いやワイン、料理。音楽の出会いを楽しめています。

僕の人生がこれからどうなるかは自分次第だけど、革命バンザイ Viva La revolutionの気持ちは変わらずにいたいな。

何かを始めたり、辞めたりするには大きな体力を要するけど、それを続ける忍耐力は備えてきた。その力を自分だけじゃなくて、仲間=スタッフ。そしてお客様にも伝えて、一人じゃできないことをしたい。

フェスに出るなら、主催したいしね。

いつか、僕がもっともっと年を重ねて、色んな人と関わったことが重なっている何かが自分にあればいいなって思います。

嫌なこともあるし、スタッフだってあるだろう。でも自分のお店である、自分が作ったお店であるということが一番の誇り。

13年間、okeiをどこかで知ってくれてありがとうございました。

僕は幸せだって自信を持って言えます。

 

 

シンプルなキモチ

中田とお店を出した時。29歳。
僕には何にも能力もなくて、ワインも赤白5本ずつ。
ワインのコメントもネットから拾ったもの。
それでもお客様に一生懸命説明するため、調べたり、朝まで中田とリストインしているワインを
順番に飲みまくったり。
辛いの?これ!とか言いながら笑。

毎日毎日、朝の4時ころから片付けで大体6時とか8時とかになって。。。
もちろん僕には家もなくて、そのまま床でダウン来て寝ていた。
お風呂はないから店の食器用洗剤を使って。。

そんな話をこの時期に思い出す。

週に何回か姉貴が来て、洗濯物をしてくれたなーとか。

その後、今の会計士の会社に出会い、色々と相談していると
自分が歩んできた道が会計士の考えと合致するところが多いことも分かった。

中小企業は最初は休みもないしお金もない。
自分の全てを費やし、何とかやっていける。
そこから少しずつ利益が出て給与というか、お金が少し残る。
スタッフに給与が払えたりアップ出来たり。
そうしてやっと自分にも残ったりする利益。
その後、少し休めるようになったりする。

okeiもそんな風に少しずつ良くなってる会社。
大きな問題を抱えたりもするけど。

今、自分が悩むのは、これから。
スタッフの人数も増え、やりがいや気持ち。
そういうものを全て叶えてあげたいけど、すぐに出来ないこともあり。

これからのokeiというものをどうやって行くのがいいのか。
どうやって3つのお店の気持ちを1つにしたり、互いを高めあい助けあい、愛し合えるのか。

いつか読んだ本でこんなことが書いてあった。

あるコンサルタントのヒトのコトバ。

私は何百万社の依頼でコンサルタントをしてきたが、
社員教育にお金をかけすぎて潰れた会社を一つも見たことがない。

その言葉を聞いてから、見てから、
いい本があれば皆に1冊ずつ買ってきたし、イタリアにも行った。
また伝えたい本があれば買うし、何とかイタリア、海外に行かせてあげたいと思っている。

この気持ちは、シンプルでただただ、自分がいる場所を温かくしたくて、愛情を注ぎたくて
okeiにいる仲間が楽しそうにしてくれたらそれが幸せだってこと。

音楽を聴いているとその気持ちがそこにあったりして
あーこれだなーと思ったりする。

2019年。
okei最大の変革の年かもしれないけど、
その変革に挑む仲間を大切にしたい。
ココロから愛したいと思う。

もうすぐ13年

okeiが出来て13年。
12月8日には13周年partyが行われる。

自分が新橋で生きて来れているのはスタートさせてくれた仲間、先輩方。
そしてスタートしてから支えてくれた、仲間、そしてスタッフのおかげ。

ありがたいというか、奇跡を起こさせてくれているスーパースターが沢山いて。
本当にありがとうという気持でいっぱいです。

13年という歳月には多くのことがあり、この場でスラスラと書けることばかりではない。
それでも43歳にそろそろなる年齢である自分が、50歳の時に20周年を迎えるわけで。

それまでにもっと強く愛情いっぱいのお店や会社、そして自分であることが夢。

少しネットを開けば沢山のお店が溢れ、アイディアが溢れ、多くの夢がそこにはある。
でも、結局店に来てくれる方々が幸せになることが一番。

広く浅くじゃなくokeiがあり続けていけたらいいな。
どうしてもネットや大きなことをやれば、心は安心してしまったりするけれど、そうじゃなくて
目の前で笑顔になる人たちを見たら、やっぱりうれしいし。それが飲食の真意。

今自分が進むべき道を探りながら、13年を振り返りながら、スタッフが笑顔で
okeiに立てることを大切にしたいと思う。
簡単じゃない店だし、ヒトがいればトラブルもある。

それは何をしても一緒だし、それでもスタッフもまとまろうとしてくれる。
自分がふがいなくても、支えてくれるスタッフがいる。

決断していく事が委縮しないように、大胆にリスクを費やし、
皆の人生を豊かにする会社であり、仲間であり、okeiでありたいと思います。

ブログに何かを書くことをためらっていましたが
色んなことを気にせず、再開したいと思います。

考えよう。答はある。

震災から7年ということで色んなことが思い出される。
もちろん直接被災した方々からすれば、何もなく、言えることは少ない。

ただ、祖父母が仙台だったり、親戚も東北。
仲間や知り合いなど被災したりと目のあたりしたことも多かった時。

あの場所に行ったときは立ちすくんでしまった自分を覚えている。

あの時、ろうそくで営業したときがあったり、新橋中の看板が消されていたり。
電気を使わないように節制していました。

僕があの時に最初にしたのは、会社と自分のお金を確認した。
もう店は続けていけないと思ったから。

退職金をどう払うかをずっと考えていた。
周りのお店もつぶれていったり、携帯を変えていったり。

個人店というものを続ける覚悟というのはあのころに改めてついた気がした。

どれだけ頑張っていても、一瞬でなくなってしまう時もある。
その時にどうできるか。
これからどうできるのか。

愛情をもってお店を続けていきたいのだけれど、
人に愛情を注いでいきたいのだけど、
それがずっとずっと永遠に続くかどうかはわからない。

お店を継続できるって奇跡。
いい店を作ったって、続けられないときもある。
いろんな事情でね。

だから何があったとかなかったとかじゃなくて、
継続していくってことが本当にすごい事で。

okeiの前にある 有薫酒造は40年。
こないだ話していてお母さんがいろいろあったわよって
軽く言っていた

とてつもない重さのいろいろ。

僕にとってもokeiであったことはいろいろ。
これからいろいろ。

でも今こうして続けて来れていること。
今いる仲間が考えてくれること。

良く出来なくて悩んでいること。

へーベルハウスのCMで

考えよう。答はある。

このコピーがお気に入り。

僕も答えを出し続け、間違えて、また考えて。
そんなことを無数に繰り返しているのだと思う。

これからも考えようって思わせてくれたCM。

やはり広告代理店にいたからそんなコピーが勇気づけてくれたりするんですよね
企業のコピーっていろんな人が必死に考えて
想いを伝えたくてやってるのを知っているから
心打たれます。

考える

これで何度目だろうか。
このブログを毎日書きたいのにかけてないという話・・・。

このブログは自分の日記として書き始めたものだから、やはり書き留めたい。

そういう意味でやはり再度もっと頑張って書きたい。

今、僕は42歳。
今後50歳まで自分が何をしていくべきなのか。したいことは何なのか。
そして、okeiという店に所属してくれている仲間達、ishimaruという店の仲間達。
その人たちがどうやって過ごしていくのがいいのか。

将来性、未来性。
会社や自分のそれらを改めて考えている。

自分の会社や店は、自分の一つ。
やはりどうやっても切り離せないもの。

それが大きくなっていくとどうしても変わってくる、良くもなりかけ離れたものになっていく場合もある。
これが少しでも内容にするのが僕の仕事でもあるし、
逆に大きなチャレンジをしてくれる仲間達にはリスクを負っても応援していく。

そんなスタイルをこれからどうやって自分の中で確立していくのか。

13年目、11人目の独立が迫っている。
自信はこの13年で屋号としては5店舗を出店し、現在は3店舗。

色々あるが、自分のやり方がどこに当てはまるわけではないのであろうけど
結果は残してきた。

これからも楽しい結果を出したい
そのために今考えまくる。

考えるしかない!

今年も終わりますね

okei、Ishimaruともに今年の営業が終わり、スタッフもしばし休息が取れる年末。
色々人生はあると思うんだけど、幸せと言える年には、いろんなパタンがあるんだと思う。

年始に絶望だった自分がいたから、小さな幸せを積み重ねて辛い事があっても、
その辛いことを経験できることに感謝出来たり。

2017年がったから今があるって言える20周年があるかも。
そういえる2017年だった。

好きなことを仕事に出来て良かった。
来年もそういえる年にしようと思う。

それにはCHALLENGEというか、現状に満足せずに、スタッフや自分が成長できる環境をつくること、
意識を変えていくこと。

今がいいわけじゃない!もっともっと良くなろう!
そういう気持を前面に出していきたいと思う


ずっとずっとokeiというお店が今までのokeiを超えるように続ける。
そう言い聞かせているのかもしれないけど、夢かもな、そういう組織を作っていく事が。
今の仲間ならそのCHALLENGEを出来そう。

改めて今年もお世話になりました
来年、もっともっと頑張りますのでよろしくお願いします