okeiのコトバ~新橋okeiオーナーの話~

神奈川大学を卒業し、広告代理店で6年間勤務。飲食店独立を目指し、退社。2年弱の修業を経て、2005年に29歳で新橋でokeiを開業。(現在、Pizzeria Terzo okei,Trattoria okei,Viva okei,おけい屋の4店舗)飲食の事、カズやサザンのこと、人生の事。コトバノチカラを信じて日記に示したいと思います

嬉しいコト

今ソムリエ試験の勉強をスタッフとしている
僕自身はシニアソムリエになるべく、少し勉強を始めようとしているところ。
ただ、正直何もしていない。
ソムリエの勉強をさせているだけでシニアの勉強は全く違うから。

それでも10年目となるこのお店の中で数多くのソムリエが誕生し、仕事として従事していることは本当に誇らしいコト。

そしてそれがいまこうしてokeiというお店の文化になっている。
この文化は教育やチーム力という意味でもとても大きく、うれしく思う。
長い時間でしかできないことだから。

世の中の価値観や、それぞれのお店の考え方はそれぞれだし、
見習うべきことやすべて真似したいことも山ほどある。

それが自分のお店で出来るかどうかは別として。

今ある自分の中のokeiというもので誇らしいこととは何だろうか。

ソムリエを希望者に受験してもらえる状況。
そして全員合格していること。

10年目のお店であるということ。

独立者が今年で8名になりそうなこと。
そうなれば、僕のお店と足して10店舗であるということ。

そして何よりお客様がまるで自分のお店のように叱咤激励。
そして自分の子供のように守ってくれること。

本当に嬉しいことです