okeiのコトバ~新橋okeiオーナーの話~

神奈川大学を卒業し、広告代理店で6年間勤務。飲食店独立を目指し、退社。2年弱の修業を経て、2005年に29歳で新橋でokeiを開業。(現在、Pizzeria Terzo okei,Trattoria okei,Viva okei,おけい屋の4店舗)飲食の事、カズやサザンのこと、人生の事。コトバノチカラを信じて日記に示したいと思います

フェスへ。

もうすぐロックインジャパン

2002年から18年連続参加している。

2006年からはokeiスタッフと共に社員旅行かねて行っている。

今となっては当たり前のようにスタッフとともに参加しているのがうれしいというか、

考え深い。

最初は桑田さんが出るから協同広告の先輩方とともに25人くらいかな。一緒に行った。

あまりに楽しくてそれ以降も先輩や友達をまぜこぜで参加し続けてきた。

独立してとてもその仕切りが出来ないと思い、行くのを辞めようと思った。

そしたら、大先輩の源太さんに怒られて・・・

お前が始めたんだからやり切れよ!

 

その言葉が今でも心にあります。

だんだん、仲間とか先輩方もロックフェス熱が減っていったけど

僕は募るばかり。

その間、沢山のフェスに参加してきて、一つ僕にとってロックフェスを愛するというか、人生で大きな考え、お店を経営するにあたって大きな志にたどり着いている。

桑田さんを見たくて行ったロックインジャパン

持ち帰ったのは、自由な大きな空間。

そしてウルフルズやブーム、ドラゴンアッシュ

色んなアーティストを初めて見て、楽しくて楽しくて。

色んなロックフェスに行ってみて、綺麗さがナンバーワンがロックインジャパンだと思う。あれだけクリーンスタッフがいてトイレが多く。

子供たちが裸足で走っているフェスはない。

多くの仲間と行く僕としては安心感が強く、今につながっている。

お店に置き換えてみる。

ピッツァを食べたくて来てくれたお客様が

パスタが美味しかったとか、スタッフと会話が楽しかった、ワインが美味しかった。

雰囲気が良かった。

それが重要なことで、いかにプラスαを提供できるか。

期待してきたもの以上があることが大切なサービスだと思ってる

まさにこの考えの根幹はロックフェス。

多くのアーティストでフリーダムな愛情たっぷりの空間を作りたいと誰かが始めたもの。それが今となっては1年どこかでフェスみたいなものがやるようになった。

空間が好きなんだよね。

OKEIに入って、音楽やサザン。夏フェスが好きになった人も多い。

仕事をしながら趣味が出来たり、1年の重要なイベントが自分の中にあるって幸せだと思う。それが共有できること。夢のような話だ。

改めて、自分のお店、会社だから自分の考え方を大事にしたいと書いていいて思った。

今思いました。

僕は、仲間っていうものが好き。

時代錯誤というか、乗り切れてないのかもしれないけど、好き。

強引でも皆にその気持ちを伝えていきたいと思います。