okeiのコトバ~新橋okeiオーナーの話~

神奈川大学を卒業し、広告代理店で6年間勤務。飲食店独立を目指し、退社。2年弱の修業を経て、2005年に29歳で新橋でokeiを開業。(現在、Pizzeria Terzo okei,Viva okei,おけい屋.炭おけい屋.酒場961の5店舗)飲食の事、カズやサザンのこと、人生の事。コトバノチカラを信じて日記に示したいと思います

色々と悶々としたりしなかったり

最近では珍しくここにコトバを書くに躊躇うというか、2度書いたんですが、消してしまいました。世の中が混とんとし出しているというか・・・。

法律というか、決まりというか。守るも守らないも色んな正義が出てきていて・・・。

正直、そういうところに置いての信念というものを振りかざすほど、ないです。

飲食を守る!みたいな強い信念があると言われると、壮大な思想があったわけでもなく、こうなってきてそれを盾に、緊急事態宣言に対して立ち向かう姿勢をとれるわけでもなく。何か自分が弱く見えているのだろうかとか、それぞれの状況は十人十色なのに、同じ物差しでみられているようなーーーそんなこと書きたいわけではないのですが、今書けることがこういうことしかなくて・。・。。

ただ、少し止まってみる時間が(本当に少しでしたが)あって、深呼吸してみた時間。何となく、わかってきたような気がしています。

飲食って楽しいなって思ってお店をやりたくて、広告代理店を辞めました。

試練なんて言うほどのことじゃなかったと今なら言えますが、その時は後悔も毎日感じていました。でも「決めたこと」をまずは実現したい。その先の未来はまたその時に見ようと。実はそうやってきました、ずっとずっと。

お店を出すとき、何もないくせにボーナスを完備と決めたことや、すぐに社保完備していくことなど、今となれば普通にしていることも当時は「?」と言われた時代。

いい会社だねって、全員に言われることは難しい。でも目指したいのは、いい仲間だねとか、悪くはない会社というか。そんな組織であること。

国に対して都に対して、沢山の協力金を頂いている飲食業である以上、ある程度の我慢や姿勢は示したいと思っている。もちろん、ミスがあるんだと思う、お上も。

ネットで見る限りそりゃないわーという情報も見る、ひどすぎる!だったら、営業するしかない!みたいな風に思う。

でも今んとこ、自分はしっかりフォローしてもらっている以上、ある程度の我慢はしないといけない義務はあると思っている。

日本はこれだけ安全安心の国としてあるわけだから、そこに住んでいる僕らはよりそうでありたいというか・・・。

あ、もちろん、お店や会社が成り立たなくなっていないかというとそうではありません。かなり苦しい状況で新しいことや考え方、進め方を模索しています。

これからスタッフも増えていく中で示すことも大切ですし、なかなか進まない。

働くスタッフの先にいる家族を守るために邁進することと、彼らが自信をもって家族に言える会社であること。

もちろん、また変化したり。右往左往したり死ぬほどするんですがね。そんなこといってやってんじゃん!とか笑

続けてきた16年間を支えてくれているお客様が笑顔で戻ってきてくれる場所を維持しながらも、トライ&エラーを続けているプロセスを楽しんでもらう。

僕の人生そのものを、お客様や仲間、スタッフ、家族に笑ってもらえるように生きて行ければと。