okeiのコトバ~新橋okeiオーナーの話~

神奈川大学を卒業し、広告代理店で6年間勤務。飲食店独立を目指し、退社。2年弱の修業を経て、2005年に29歳で新橋でokeiを開業。(現在、Pizzeria Terzo okei,Trattoria okei,Viva okei,おけい屋の4店舗)飲食の事、カズやサザンのこと、人生の事。コトバノチカラを信じて日記に示したいと思います

少しの光

たまに何のために過ごしているのか、不明になるときは皆あると思う。

僕もある。

お店を出した時は明確だった。

自分のお店を持ちたい。

そこに来る人を笑顔にしたい、楽しませたい。

嬉しい。楽しいって言ってほしい。

褒められたかったのかも。

今も変わらないけど、少し変わった。

沢山の人がokeiを知っていて、okeiで働いてくれたし、いる。

その皆を背負ってしまっている。

だから、エッジの効いた判断が鈍ったりする。

今もそうだろう。

純粋にいいお店にしたい!だけじゃなくなると

お客様がそれにやはり反応しているんだと思う

でもそれにも光が出てきた。

やはり、いくつか考えたり、楽しいことを思いついたりしていることが

正解だったり、心躍ったり。

ワクワクしたり、ドキドキしたり。

それが自分で表現できる場所があれば、そこについては楽しいし楽しんでもらえる。

それが目の前で起こったりしているのを見えて、

やはり飲食って正直だなって思ったり。

自分のやりたいお店がやはり大事だなーって。

今一度、okeiを見直す。

幸せな場所を見直すんだ。